通訳ガイドに目覚めるの巻

西表島での素晴らしい出会いはなんと滝壺ででした。
私が滝壺に飛び込もうとして岩を登っていたら、後ろから同じように登っていたのが、なんと白人女性!
こんな日本人でもほとんど行かないような秘境に外国人!?と思って話しかけてみたら、とてもノリの良いアメリカ人のお母さんでした。娘さんが那覇のArmyで働いているので、会いにミネアポリスから来て一緒に沖縄を旅しているとのことでした。

こんなところで、奇遇だわ♪
d0235123_21504898.jpg

そして滝壺に飛び込んでからもお母さんと話していたのですが、これから初めての東京に家族で観光に行くとのことだったので、「それなら一緒に東京で遊ぼうよ!」ということになりました。(なんてオープンマインドな私♥)
滝から上がってからはご家族の輪に入れてもらって話していたのですが、なんとなく波長が合うというような感じで、娘さんのKellyは私と同年代とのことで、意気投合して「See you in Tokyo!」ということでナーラの滝前で一時的なお別れをしました。

そして、私が東京に帰る日に西表島から石垣島までのフェリーに乗ろうとしていたら、偶然にもそのご家族に再会!!最終日は石垣島で一緒に過ごすことになりました。

なんて・・・前の日記には書いていなかったのですが、そんな素敵な出会いが西表島であったわけです♪

ご一家が東京に来てからは毎日一緒に過ごす日々♥
会社が終わったらすぐに会いに行って終電までハングアウト!そして休日は朝から晩まで一緒に遊ぶという大変濃い5日間でした。東京ではKelly一家にKellyの友達であるRachelleも合流して5人で行動していました。3人娘のノリがとっても合うんです♥そしてパパとママの間にいると、なぜだか落ち着く感じがするのです。本当に最近知り合ったとは信じられないほどの距離感でした。
休日は私の家に4人が遊びに来て、それから明治神宮へ。
宝物殿に行って、明治時代の歴史についてみんなで鑑賞しました。色々歴史や文化の質問を受けるのですが、カタコトとなってしまいきちんと説明できないのがなんとも残念な限りです。

近くに住んでいるのにも関わらず、宝物殿には初めて来ました。
d0235123_2302655.jpg
明治神宮の本殿は驚いたことに来場者のおそらく7割程度が外国人でした。超インターナショナルな環境です。
拝礼の前に行う手水舎では、外国人の皆さんはなんと柄杓でお水を飲んでいました(苦笑)。分からないからそうなってしまいますよね。
手を洗ったり口をすすいで身を清める場所だよと教えてあげたら、私の真似をしてみんな手を洗うようになりました。
d0235123_2373097.jpg
本殿では春の大祭ということで浄瑠璃が上演されていました。日本人でもなかなか見ることができないですよね。最高の晴天の中、日本の伝統文化に触れられました。
d0235123_2393620.jpg

それから原宿の竹下通りでお買い物をして、渋谷へ。
どうしてもスクランブル交差点が見たいとのことで、「なんて整然とした光景なの!こんな大勢の人が律儀に信号待ちして、一斉に交差して歩き出すなんて!!」と感動しておられました。
d0235123_2154250.jpg

d0235123_2273836.jpgハチ公の銅像も見て、ハチ公ストーリーを説明してみました。
Hachi-ko is the dog known for waiting at Tokyo's Shibuya Station for his master to return from work.Even after his master's death, Hachi-ko went on waiting for him for almost ten years. He is very loyal to his master.
なんて、もっと感動してもらえるように説明できればよかったけれど・・・(^_^;)

そして最も人気が高かったのが、こちら。
d0235123_2251236.jpg渋谷駅前でずっと微動だにせず両足広げて腕を組んで独り言を言っている日本人男性がいました。みんな「この人どうしたの?なんでこんな格好しているの?」と私に聞いてくるのですが、私もわかりません。(きっと何かのご信念があって、ずっとこうしているのだと思うのですが・・・)そしたら歩いていた外国人男性たちがこの男性の後ろに行って、同じポーズをして大盛り上りで周りの笑いを買っていて、通行人による写真撮影タイムが始まりました。日本人なら黙って素通りなのに、この外国人男性たちのユーモアと言ったら!
この腕組んでいる日本人男性のことをKellyが「私の新しい彼氏なの♥」と言ってきたので、私は「さっきは言えなかったけど、実はあの人私の彼氏だから取らないでくれる!?」なんて言ってみんなでまた大笑いしてしまうのでしたー(笑)
夜景が見たいとのことでお台場と品川のバーにも行きました。
一緒にいると私も外国人で東京観光をしているような気持ちになってとても新鮮です。
最後の夜は送別会ということでうちの両親も来て、2家族合同でお食事会をしました。英語が全然話せないけれど、気持ちだけは外国人なうちの両親は筆談とボディーランゲージで会話をしていて(!?)また違った意味でコミュニケーション能力が高いなと思いました。パパ同士、ママ同士も意気投合して大宴会は11時近くまで続くのでした。
沖縄の西表島から始まって東京まで5日間、楽しい思い出を本当にどうもありがとう!!
なんだかみんなが東京を離れてしまうとポッと心に穴があいてしまうような気がして、無性に寂しくなるのでした。たった5日間だったけれど、全くそんな気がしなくてずっと前から知り合いだった気がしました。

またお会いできる日まで・・・
d0235123_22481165.jpg

ところでこの5日間で外国人向けの観光ガイドの楽しさに味をしめてしまった私。海外生活していた時の感覚も生かせるし、何より日本を紹介することに新鮮さを感じて東京を観光客視点で見られるということが非常に楽しく、さらにはおもてなしの心で案内をして外国人に喜んでもらえることに非常にやりがいを感じました。もともとボランティアをやっているけれど、この通訳ガイドは今後私がやりたいことに限りなく近いということも大きく影響し、この資格を取りたいと思いました。

単独沖縄旅行から思いがけない収穫を得ることができて、幸せを感じました。

↓ブログランキングに参加しています。よろしければ下記のアイコンのクリックをお願いいたします。

にほんブログ村 OL日記ブログ キャリアOLへ
にほんブログ村
[PR]

by kanagourmet | 2015-06-06 23:00 | 趣味・自己啓発