北米での和食熱②

※最近多忙で随分と更新が遅れてしまいました・・・

④トロントのJA Bistroでの思い出
先週のトロントでは2つの和食にまつわる面白い体験をしました。ところで先のコラムでトロントはとても日本人が少ないということを書きましたが、市内にはこれだけ日本食レストランがあります。
どれだけ和食が外国人に受け入れられているかがわかりますね。
ところで、最近できたばかりの日本食レストランでとても人気があると言われているJA Bistroにランチを食べに行ってみました。
まるで日本にいるかのようなインテリアです。和モダンでとても素敵です。
d0235123_14281286.jpg
ここは実は私が海外で食べた和食の中で一番美味しくて感動したところです。
見た目も食べるのがもったいないくらい美しいし、外国人向けにアレンジされた寿司ですが、日本人の口にも驚く程美味しかったです。エビは炙られて、ゆず風味のマヨネーズ&マスタードと和えられています。しめ鯖もしっかりとした分厚い身に揚げタマネギが添えられています。面白い組み合わせですよね。
d0235123_14315429.jpg
私はカウンターに座って板前さんとお話しながらランチを食べました。出張中で日本語を話す機会が全くなかったので、すごく心休まる時でした。
板前さんも久しぶりに日本人を見かけて嬉しかったようで仲良くなり、トロントに来られたきっかけからここでの生活についてお話を伺うことができました。

そしてちょうどその時、このレストランに地元の高校生たちが課外授業で日本料理を学びに来ていて、板前さんに誘われ、私も課外授業に参加してみました。
高校生たちに料理を食べてもらいながら和食や日本文化について説明をしたり、質問を受けるという形態です。
受けた質問は「何故和食はこんなにも繊細なのですか」「懐石料理が出来た所以は何ですか」そして「和食レストランを海外で開店したきっかけは何ですか」といったものまで計10個くらい質問を受けました。

私がとても面白いなと思ったのは一番初めの質問のに対する板前さんの答えです。
この質問は必ず外国人の方から受けるそうですが、「西洋人は1輪で美しく咲くバラを愛でるけれど、日本人は大輪で咲く桜を愛でることからわかるように、西洋では1つでも主張ができるものが愛されるけれど、日本では全体のハーモニーが大事にされます。料理も同じで和食では1つ1つの味は控えめだけれど、料理全体で1つの作品となっています」ということでした。
なるほど、新渡戸稲造の武士道を少しアレンジした解釈で和食について説明されている部分が面白いなと感じました。

JA Bistroでの1時間のランチですが、海外で日本の食文化を広げることに貢献されている方々とお話できただけではなく、現地の課外授業にまで参加させていただき、大変貴重な経験でした。

⑤トロントで日本酒醸造
仕事後にトロントの街を歩いていたら、こんな看板を見つけました!
d0235123_10562521.jpg
トロントで日本酒が醸造されているのです!!
Izumi
早速お店の中へ入ってみました。
d0235123_1194531.png
この醸造所はカナダ人のオーナーの方によって2011年2月に営業を開始しており、オンタリオ州の水とカリフォルニア州で採れたお米を使って作られている日本酒です。
オーナーの方は日本に住んでいた頃、日本酒の美味しさに魅了され、カナダに帰国されてから日本に住む醸造家から遠隔でアドバイスをもらい、この醸造所をつくられたとのことです。
誰も外国で日本酒が作れるなんて思いもしないですよね。
情熱があれば不可能と思えることも可能にできるのかなと夜ホテルに帰る道で1人で考えていました。

⑥Japan Week
つい先日の話ですが、3/19~21にグランドセントラル駅でJapan Weekのイベントが開催されていました。
d0235123_11434697.jpg
これは2012年から始まったイベントなのですが、日本の観光のプロモーションのために日本の文化や食事、音楽などを紹介するものです。
日本の旅行会社、食品会社などが出店をしていました。

べっぴんさんお二人です。
d0235123_1149478.jpg
外国人の方が羨望の目で見ていて、一緒に写真を撮りたい人の列が出来ていました。

立ち飲み屋もありました。こういう雰囲気懐かしいです。
d0235123_11505298.jpg
会場全体はこんな感じです。グランドセントラル駅構内のフランス調の重厚な建物と、立ち飲み屋がミスマッチかもしれませんが、それも愛嬌ということで(笑)
d0235123_11525165.jpg


以上、長々と北米で注目される和食を紹介してきました。
例えばですが、アジアの他の国々の食事を考えてみても和食ほどここまで外国で受け入れられている食事はないのではないかと思います。
韓国料理、ベトナム料理、マレーシア料理、タイ料理などはどうでしょうか。もちろんレストランは至るところにあるのですが、日本食レストランほど数は多くないです。
日本食がここまで注目される理由は私が思うに3つあると思います。

①味が繊細で淡白であるため、他国の料理とのフュージョンがしやすい
②健康食ブームの中で和食は他国の料理と比較して圧倒的にカロリーが低い
③盛り付け(Food Entertainment)が美しい

ということです。
和食をベースにしたビジネスはまだまだ伸びしろがあると私は思います。
[PR]

by kanagourmet | 2013-03-25 12:03