コスモポリタンな街「トロント」

先週は1週間1人でトロントに出張していたわけですが、1人で1週間もトロントでどうしよう・・・。ずっと孤独だわ、なんて心配していました。
ですが、この3年間のニューヨーク生活で随分と異国適応力みたいなものがついたようで、レストランで話しかけられるカナダ人に私は出張者ではなくて、トロント生まれのJapanese Canadianに間違われるなど、「カメレオンな私」なのでした(笑)。
このトロント出張は今までの出張よりも現地に溶け込む機会が多く、自分なりにすごく感じたことが多かったので、私が見たトロントの街レポートを日記にしてみました。

トロントで感じたことは主に2つあって、「日本人が極端に少ない」ことと「街が発展中」ということでした。
知り合ったカナダ人ビジネスマンに聞いたところによると、カナダは現在移民を非常に多く受け入れていて、特にトロントは毎年10万人(!)もの人たちが移住してくるとのことでした。世界第二の大きさを誇る国土を保ちながら人口は3400万人とアメリカの約9分の1、日本の約4分の1であり、さらなる国力の発展には移民を受け入れるしかないのです。
その方曰く、10年後にまた来たら今とは全く違ったトロントになっていて驚くと思うよ、ニューヨークと同じくらいコスモポリタンで大都市になっているかもしれないとのことでした。

実際、ビルやコンドミニアムの建設ラッシュでした。
d0235123_321345.jpgd0235123_3221859.jpg
d0235123_3224879.jpgd0235123_3231797.jpg

カナダ人の方々とカナダの移民政策についても話が及んだのですが、カナダは気候条件の厳しさから経済が発展できる都市が限られていて、西か東の海岸沿いの街に集中し、中央部は山岳地帯でツンドラ気候が厳しく、とてもビジネスが発展するような場所ではないそうです。そのため、バンクーバー、オタワ、トロントに経済発展が集中しているんですね。
そして移民は希望すれば誰でも可能というわけではなく、英語かフランスが堪能で教育水準が高い(カナダの教育機関を卒業していれば尚可)人が最優先で移民許可が下ります。
しかしながらカナダ人の職業を優秀な外国人に奪われてしまうという懸念が広がり、移民してきたはいいものの、ホワイトカラーの職にありつけなくて、渋々タクシードライバーをしながら生活費を稼いでいる技術者も多数いるみたいです。圧倒的に不足しているのはブルーカラーの仕事だそうです。
可能性を求めて海外に活路を見出したのにも関わらず、これは残念な現実ですね。
カナダの移民政策は成功しているとは未だ言えない状況のようです。

日本人について言えば、トロントはものすごく少なく、ほとんどすれ違うことがありませんでした。
日本食レストランに行くと、日本人シェフの方に「日本人の方ですか、うちに月に数える程しか来ない日本人の方だから珍しいです。日本人が来たからきちんとした日本語を話さないと!」なんて言われてしまうほどでした(笑)。
Demographics of Torontoで調べてみるとトロント市民の人口に対して日本人はなんと0.5%でした。こんな大都市であるのにこの少なさには驚きです。でもこの中には留学生等の短期滞在者も含んでいるので、永住者となるともっと少ないはずです。参考としてニューヨークは1.5%~2%程度を占めています。どれだけ少ないかがわかりますね。
ニューヨークにいると、私は日系企業で働いているからというのもありますが、日本人がとても多く、「日本人村」にいるようで、異国にいながらほぼ日本と変わらない生活を送っています。
しかしトロントにいると、自分もカナダ人なのではないかと思ってしまうくらい、自然と「現地化」していました。
これは自分にとって不思議な体験でした。
この1週間で10人以上のカナダ人とお話しましたが、外国人の私にもとても優しく、おおらかで、とてもいい意味でサバサバしている人たちが多いと思いました。私はトロントしか知らないけれど、ニューヨークと比べると大都市なのにすごく人々の距離が近いと思いました。カナダ人のそういうところが大好きです。

数年後にまた訪れてみたいです!

1人で仕事をしながらいろいろ考えて、業務後はエンジョイ出来たトロント出張から昨日ニューヨークに戻ってきました。
こちらは飛行機の窓から眺めたニューヨークです。ブルックリン上空にいる時の写真ですが、昨日はちょっと天気が悪かったです。
d0235123_3431610.jpg
いつも出張から帰ってくるときこの風景を見るのですが、とても落ち着きます。
今の私にとって、ニューヨークは地元なのだと実感しました。

↓ブログランキングに参加しています。よろしければ下記のアイコンのクリックをお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 OL日記ブログ キャリアOLへ
にほんブログ村
[PR]

by kanagourmet | 2013-03-04 03:53