JALビジネスクラス体験記(ニューヨーク⇔成田)

※2012年12月、2013年1月時点での情報です。
今回の年末年始の帰国で利用させてもらったのはJALでした。私が日本に一時帰国できるのは1年に1回なのですが、JALビジネスクラスはニューヨークに住む私が唯一年に1回高いサービスを受けられる機会です。今回もJALのニューヨーク支店の営業の方に席を取っていただきました。いつもありがとうございます(^^♪

今回も前々より楽しみにして搭乗です♥
まずはニューヨーク→成田便からです。
ビジネスクラスのシートです。アメニティーはスリッパ、枕、ひざ掛け、カーディーガン、歯ブラシ、マスク、耳栓、アイマスク等です。
d0235123_21321750.jpg
12月25日ニューヨーク発のビジネスクラスの稼働率は大体90%程度で、私みたいに一時帰国する人や出張の方半々といった感じでした。
私の隣に座った紳士はニューヨークのMarieBelleのチョコレートをCAさんに差し入れされていました。
まぁ、なんと粋なお方ですこと(^.^)

ところでお食事はまず離陸後1時間後くらいに提供されます。
まずはアミューズ・ブーシュからです。こちらはきのこのマリネとチーズの盛り合わせです。ワインはブルゴーニュのシャンソン・ヴィレ・クレッセをセレクトしました。
d0235123_171588.jpg
前菜はオマール海老のサラダです。野菜がとってもシャキシャキしていて、よく機内でここまで新鮮に保つことができるなと思いました。
d0235123_17548.jpg
そしてメインは鯛のポワレw/コーンクリームソースです。付け合せはカリカリベーコンチップの上にマッシュポテトがのっていました。マッシュポテトはお肉料理に合わせることがほとんどですが、白身魚のポワレにもとても合いました。シャンソンのワインはこの時既に3杯目に突入です(笑)私は機内でいくら飲んでも酔いません(^^♪
d0235123_181053.jpg
1回目のお食事のあとは仮眠に入ります。
そして到着前には和の朝食を食べました。鱈の西京焼きです。これに長野県の純米吟醸を飲みました。美味しすぎます♪
d0235123_2358585.jpg
もうすぐ日本かと思うと、家族や友達との楽しい時間が想像できて、ワクワクしながら窓の外を眺めるのでした。
d0235123_001952.jpg
機内が快適すぎて14時間近いフライトもあっという間に成田に到着した感じがしました。

*******************************************

そして楽しい日本滞在が終わり、ニューヨークに戻るフライトです。
ビジネスクラスなので、JALのサクララウンジを利用できます。(こちらの写真は公式HPから頂戴しました。)
d0235123_062933.jpg
ラウンジは断然他社よりJALの方が優っていると思います。
食事はもちろん、施設も広く、明るく素晴らしいです。他社は狭く、暗い上に食事のチョイスがとても少なく、食べられるのは確かうどんやサンドイッチくらいだった気がします。(約3年前の情報です)
JALのサクララウンジは特に和食が充実しており、日本を離れてしばらく本場の和食が食べられなくなる前に「食べだめ」ができます。(どれだけ食い意地張っているのという感じで恥ずかしいですが・・・)
特にスープストックトーキョーの和風スープがとても美味しかったです。
このラウンジはおそらく世界のエアラインでもトップクラスだと思います。昔利用したヨーロッパの航空会社や現在は頻繁に利用しているアメリカの航空会社のラウンジは到底かないません。
会議室やビジネスセンターも充実しているので、出発前に仕事もできます。

しばらく日本とはバイバイです。
d0235123_0144992.jpg

1月4日成田発のフライトの稼働率は約30%ととても低かったです。ニューヨーク在住の方々はもう1日ほど日本でゆっくりしてからニューヨークに戻るのでしょうね。

ラウンジでスープを食べ過ぎてしまったみたいで、帰りのフライトの機内食は時間をずらしていただくことにしました。そのため、周りの方が仮眠している間ひとりで食事でした。

前菜は和洋共通で豚角煮 ニンニク醤油香味 食べるラー油掛けと百合根のマッシュポテト コンソメゼリー掛け 蟹肉添えです。
d0235123_0291165.jpg

今回のお食事は和食をセレクトしてみました。
元治元年(1864年)から続く「京料理 わた亀」の5代目、高見浩さん監修による献立です。
d0235123_030682.jpg
9つの小鉢膳です。左上から右上にかけては鮟肝と蕪 ポン酢ジュレ添え、烏賊、貝柱、海老、分葱の辛子味噌掛け、鱚と長芋の磯辺和え 菊花、とんぶりです。
中段は左から右にかけては、小松菜、揚げ豆腐の煮合せ、金目鯛昆布〆あしらい、柚子小袖寿司百合根茶巾です。
下段は、姫鮑、白菜巻き小慈姑と絹さや、鮃龍皮巻き、石垣黒豆干し柿砧巻き千車搭塩麹漬、椎茸芋寿司鰻八幡巻、卯の花真蒸です。
とにかく豪華な献立です。ここまででかなりお腹いっぱいです。

台の物は銀鱈柚香味噌漬、揚帆立真丈です。
d0235123_0381628.jpg


ところで、食事が終わった頃に日本滞在での無理がたたってしまった風邪が悪化し、CAさんたちに看病してもらう始末に・・・(恥)熱はないので大丈夫でしたが、私の小さな変化にも気がついて、お世話をしてくださって本当に感謝です。
CAさんのお仕事はお客目線で見ていると、マニュアル化されているものです。
しかしながら、ひとりひとりのお客に細かく目を配り、タイミングを見て付かず離れす適切な対応をしてくださるサービス品質は素晴らしいものだと感動しました。
素敵なCAの皆様との別れを惜しみつつ、JFK空港に到着しました。

ところで、ご注意ですがJFK空港のイミグレーションカウンターは非常に混みます。
ちょうどJAL便が到着することにKorean Airも到着して一斉にお客がカウンターに殺到し、係員の方は特に急ぐこともなく手続きをするので、大体イミグレ終了するのに早くて1時間、遅くて2時間(!)はかかります。いつもそうですので、出口で待ち合わせされる方は十分気をつけてください。
もちろんイミグレには飛行機の利用クラスは考慮されないので、ファーストクラスに座っていた高貴なお爺さま方もずっと立って延々と続く列に並んでいました。「これじゃあファーストにした意味がないよね。」なんて愚痴も出てくるほどでした。(航空会社の責任ではないですけどね。)
私の風邪もさらに悪化の一途をたどるのでした。

ところで素晴らしいJALのサービスですが、さらに進化するようです。
SKY SUITE 777
全クラスが新座席となり、さらに機内食も「空の上のレストラン」をテーマに一新されるそうです。
今のままでも十分すごいのに・・・と思いますが、次回また搭乗するのが楽しみです。
成田⇔ニューヨーク便に展開されるのは確か2月か3月あたりからと聞きました。

日本のエアラインのサービスは他国とは比べ物にならないので、とても高いレベルでの比較となりますが、私は成田⇔ニューヨーク便は機内食や座席、サービス全ての面を考えても他社よりもJALの方がオススメです!

にほんブログ村 OL日記ブログ キャリアOLへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
[PR]

by kanagourmet | 2013-01-06 01:11