Lilly Pulitzer

d0235123_1123626.jpg日曜日は大好きなブティック、Lilly Pulitzerでお買い物をしました。アメリカで買う洋服のほとんどが、日本と比べ物にならないほど、生地が弱くて、ほつれやすく、数回洗濯したら寿命が来てしまうものが多いです。そのため私はニューヨークに来てからも、ずっと日本の洋服を実家から送ってもらったり、帰国した時に買いだめして着続けていました。でもこのLilly Pulitzerは縫製がとてもしっかりしていて、さらにデザインも可愛いため、大好きです。
日本ではブティック展開していないですし、日本ではなかなか見かけないデザインなので、ニューヨークで買い物する価値がありますね。こういうデザインが好きな方には是非オススメです。今日は2つワンピースを買いました。
価格帯は大体$100~$200くらいです。
d0235123_12331324.pngこちらは少し派手ですがパーティー用です。ピンクのヒョウ柄です(笑)
d0235123_1112208.png一目ぼれして、即買いでした。これくらいの価格帯であれば、手が届かない価格ではないし、なかなか買い物に出かける時間がないので、気に入ったら迷うことなく買ってしまいます。
店内はとても素敵なインテリアです。私はいつも自宅に近いマディソンアベニューの路面店に行きます。
d0235123_1226010.jpg
普段ならここまででお話は終わりなのですが、ついでにデザイナーである「Lilly Pulitzerさん」はどんな人なのかリサーチしてみました。するとこのブランドについて色々興味深いストーリーを知ることができました。

Lillyは1931年にニューヨークの著名な石油王の家に生まれます。20歳の頃にニューヨークに住むフロリダのオレンジ農園主の息子さんと知り合い、両親の反対を押し切って、フロリダのパームビーチへ2人で駆け落ちをしてしまいます。そこで、2人は結婚して、Lillyはオレンジ農園を手伝うことになります。
しかし農園の仕事に面白さを見いだせなかったLillyは旦那が摘んだオレンジでジューススタンドを営むことを考えます。
d0235123_12482925.png
毎日ジュースを絞るのですが、オレンジジュースが彼女の洋服の袖部分に飛び散ってしまい、すぐに汚れてしまいます。
そこで彼女は工夫して、袖なしでオレンジジュースが飛び散っても目立たないような派手な柄のワンピースを着るようになります。時には自分の家のカーテンを自分のワンピースに仕立てたりしたそうです。

するとこのワンピースがオレンジジュースを買いに来るお客さんたちに大好評で、たちまち有名になります。それから彼女はオレンジジュースを絞ることよりもフロリダを象徴するようなシトラス、パーム、花などが描かれた派手な柄のワンピースをデザインすることに熱を注ぐようになります。
これがLilly Pulitzerブランドの始まりです。

そしてLillyの高校時代の同級生があのケネディー大統領の妻、ジャックリーヌであり、ジャックリーヌが彼女が仕立てた洋服を着て、雑誌の表紙を飾ると、瞬く間にアメリカ中に知れ渡り、一躍人気ブランドになり、現在に至ります。

フロリダの農園を営んでいる旦那さんとは離婚をしてしまい、その後他の男性と再婚して名前が変わるのですが、今でもLilly Pulitzerというブランドネームは変えずにいるそうです。

ビジネスをひらめいた時にタイミングを逃さず、未開の分野に転身したスピードと人脈を生かしたプロモーションから学ぶものは多いのではないかと思います。
自分がただ好きであったブランドにはこんな奥深いヒューマンストーリーがあったとは驚きでした。

現在もLillyはフロリダのパームビーチで2番目に結婚された方の最期を看取り、1人で余生を送っているそうです。

d0235123_13202231.jpg
[PR]

by kanagourmet | 2012-08-29 13:24