Nom WahとThe Back Room

先週のお話になりますが、Bear mountainから戻ってきたあとには日本人の友達と待ち合わせをして、チャイナタウンとNohoに行ってきました。

まずは飲茶のディナーです。
Nom Wah
ここは1920年にニューヨークで一番初めに飲茶をはじめたレストランとのことです。
それから90年間も移転をしつつもチャイナタウンの中で営業を続けてきています。
インターネットのレビューで、チャイナタウンの飲茶で一番評価が高く、さらに歴史的な魅力もあったので、行ってみることにしました。

d0235123_8201889.jpg
レトロモダンな雰囲気です。

行った時は土曜日の夕方7時で、混んでいるのかと思いきや、あまり人は入っていませんでした。たしかにちょっとわかりにくいところにあります。Google Mapで調べてみましたが、示される場所は実際のレストランの場所と違っていました。私たちも20分ほどうろうろしてしまいました。
行きやすい方法は大通りのBowery StreetからDoyers Streetに入る方が迷わないです。

さてさて、肝心の飲茶ですが、写真付きのメニューで選ぶことができます。そして用意されている鉛筆で専用のシートに頼みたいメニューをチェックしてオーダーします。

空心菜もシャキシャキしていて、美味しいです。オイスターソースがかかっているのですが、若干こちらは甘めです。ガーリックで炒めてもらっても良かったかもしれません。それに後ろにあるのはねぎもちです。
d0235123_832595.jpg
一番感動するほどに美味しかったのがこの写真の手前にあるエビと豆苗の餃子です。エビがとてもプリプリで、本当にオススメです。回りの透明の皮ももっちりしています。
もちろんポーク餃子も肉汁たっぷりで美味しいです。
d0235123_836315.jpg
あとちまきも美味しくて、蓮の葉の中にはもち米と煮込んだポーク、エビ、しいたけが入っています。あまりに気に入ってしまって、また別の日に会社帰りにお持ち帰りで買いに行ってしまったほどです。
朝食にぴったりです。
飲茶は覚めてしまうと硬くなってしまうので、サーブされたらすぐに食べたほうがいいです。

ちなみにこのお店はチャイナタウンでは珍しく、お酒が飲めるお店で、ビール、ワインが数種類置いてあります。ワインも普通ならこういったお店はハウスワインであることが多いですが、シャルドネ、ソヴィニョンブラン、ピノ・グリージョあたりが数種類づつ置いてあるのには驚きでした。

Nom Wah
13 Doyers St, New York, NY 10013
Mon-Thu, Sun 10:30 am - 9 pm、Fri-Sat 10:30 am - 10 pm
予算:$30/人 飲茶4つ等とワイン1杯
予約:不要


1時間もNom Wahにいればお腹いっぱいになるので、そこからは食後の運動も兼ねて北上してNohoへ。
途中、ウィンドーショッピングや素敵なレストランを見学しながらゆっくり歩いて20分ほどの距離です。

2次会では友達が見つけてくれた、「秘密の場所」に行ってみることにしました。

お酒好きな私たちは、現在ニューヨークにある隠れ家バーの開拓を頑張っています。
ということで、第一弾として行ってみたのが、「The Back Room」です。

入口はとってもわかりにくいです。看板も出ていなくて、階下に行くところに、コワモテのおじさまが1人立っているだけです。住所からするとここのはず・・・と思って、おじさまに聞いてみたら、「ここが入口」と言うのです。
おじさんに写真付きの身分証明書を提示し、許可を頂き、店内へ・・・

こんな雰囲気になっています。
d0235123_8471590.jpg
そもそも何故このような隠れ家なのかといいますと、それには理由があります。

ここは1919年から33年まで施工されていたアメリカ史上最悪の愚法と言われる禁酒法時代に栄えていた、隠れバーなのだそうです。

うす暗いトンネルのような中を歩いていくと、マンションの一室のような古びたドアに突き当たります。そしてそのドアを開けると、アールヌーボー様式のとても豪華なお部屋が目に飛び込んできます。まさかこんな素敵な部屋があるとは周りの様子からは想像することができません。

そして面白いのがカクテルグラス(?)です。当時お酒飲んでいるのがわからないように、グラスではなくコーヒーカップで提供していたのを現在も踏襲しています。
d0235123_8563514.jpg
小さくてすぐ飲んでしまいます(笑)
カクテルは20種類ほどあって、選べないほどですが、私はシトラス風味のものとウォッカベースのローズマリーのカクテルを飲みました。どちらもとっても美味しかったです。

さらに面白いなと思ったのはこの隠れ扉です。
d0235123_8585738.jpg
警官の人が見回りに来るという噂を聞いたら、みんなで逃げていたのでしょうか(笑)。

このバーはお酒を飲むだけではなく、この隠れ家体験に興味がある方にはもってこいな場所だと思います。
そしてニューヨークの他のバーとは異なり、とても静かで落ち着いているので、ゆっくり話すこともできます。
また行ってみたいなと思います。

The Back Room
住所:102 Norfolk St (between Delancey St & Rivington St) New York, NY 10002
営業時間:Tue-Wed 7:30 pm - 2:30 am、Thu 7:30 pm - 3 am、Fri-Sat 7:30 pm - 4 am、Sun 7:30 pm - 2 am
予算:$12/杯
予約:不可
[PR]

by kanagourmet | 2012-06-21 09:14