The Four Seasons Restaurantでビジネスディナー

先日、シカゴとニューヨークの案件が終了となったので、社外のビジネスパートナーの方々にディナーパーティーを開催しようと誘っていただきました。
先方からのご案内分を見て、びっくり!
それは開催場所が何ととてもとても豪華なレストランだったからです。
そこはハリウッドセレブの結婚式などが開かれるような場所です。

この日は私はいつもと違って、職場にドレスらしいワンピースを着て、巻き髪なんてしていってしまいました。気合い入りすぎでしょうか(^_^;)

待ち合わせは仕事後の7時にレストランのロビーにて。
d0235123_5231859.jpg
少し仕事が立て込んでしまい、私が15分遅れてしまいました。グランドセントラルにある会社からパークアベニューを走って、レストランのある52丁目までダッシュでした。

ロビーでは約半年間一緒に仕事をしてきた日系企業のアラサーの男性2人と私の会社の男性の先輩が1人待っていました。
そしてエスコートをしていただき、案内された席へ。

まずは先方が注文していただいたシャンパーンで乾杯です。ドン・ペリニョンを空けてくださいました。
d0235123_5292818.jpg
喉にすっと入っていくようなまろやかさです。

そして前菜はフォアグラのビンテージストロベリーソース添えでした。
(レストランが高級すぎていつものように写真が撮れないのですが、ホストの方とサーバーの方に許可を頂きフラッシュなしでこっそりと撮影です。)
フォアグラとスイートなソースって合うんですね。ドン・ペリニョンしかり、フォアグラもやわらかすぎて舌の上で溶けてしまうのでした。
d0235123_6163489.jpg
お部屋はプールルームで、こんな雰囲気でした。
d0235123_527829.jpg
全員ワイン好きという素晴らしいメンバーで、前菜を食べ終わる頃にドン・ペリニョンは空いてしまうのでした。

そして次に私がワインを選ぶこととなり、コート・デュローヌのシャトー・ヌフ・デュ・パープのワインにしてみました。普段はなかなか飲めませんが、この地域のワインが大好きです。

~番外編~
私は7年ほど前に、このワインが好きで、フランスのプロバンスにあるこのワイナリーに行ってしまったほどです。
村の名前もシャトー・ヌフ・デュ・パープで今はわからないですが、当時はバスが最寄りの駅から1日1本という陸の孤島にありました。なので私はヒッチハイクして、この村まで行きました。笑
今から思うと、若かりし頃のすごい体験です。
こちらがその村です。
d0235123_5593341.jpg

ちょうどこの村のワイン祭りに合わせて行ったのですが、村の入り口で6ユーロ支払うだけで、全部飲み放題だったのを思い出しました(笑)。

このレストランでは$250ほどです。
d0235123_5444641.jpg

メインは私はラビットにしてみました。時々私はラビットを選ぶのですが、味はポークのように淡白で、白ワインにも赤ワインにも合います。微量のカレースパイスとクミンの味もプラスされていました。
d0235123_5475785.jpg
どんどんワインが進みます。私というより、男性陣の消費量がとてもすごいです。

お話はビジネスディナーなので、もちろん仕事のお話が中心ですが、この半年間の思い出話をして、早くも懐かしくてとても楽しかったです。
そして時々あまり話に挙がらなかったそれぞれのプライベートの話もできて、仕事でしか知らない方々の意外な一面も知ることができました。

そして次に注文したのはワイン好きな方ご推薦のイタリアのChiantiです。
d0235123_6145542.jpg
フルボディーで美味しかったです。ステーキを食べていた人向けかな(^_^;)

ディナーも終盤に差し掛かり、ふと思ったのですが、やっぱり海外でうちの会社と同じように進出してきている日系企業の方々と一緒に仕事ができるのはとても楽です。
それは日本人同士の仕事上の「あうんの呼吸」が通じるからです。この半年もこの会社の方々と一緒に仕事をさせていただくときは、日本人的な感覚が互いにベースにあるので、話が進みやすいし、何よりも報告・連絡・相談がきっちりとできているので、心配無用でした。さらに先方からの提案も(私たちは在米日本人の方向けに製品・サービスを販売しているので)日本人の立場に立っていて、とてもやりやすかったです。

でも自分はあえて海外まで来て外国人と仕事を進められるスキルを身につけなければいけないので、このような優秀な日系企業の方々とばかり仕事するのも自分を甘やかしているような気にもなりました。
話は長くなるので、また別の機会に書きたいと思いますが、外国人と仕事するときにはもちろん「あうんの呼吸」も通じないので、相互理解から始めて何度も確認しながら進めなければいけません。
本当に根気が必要になります。

今回はとても楽をさせていただいたので、また明日からはあうんの呼吸と優秀な方々に頼らず、自分で外国人や異なる文化を持つ方々とも上手く仕事を進められるようにしていかなければいけないなと思いました。

ある意味「勝って兜の尾を締めよ」と思うディナーでした!

また皆様にお会いできる機会があれば嬉しいです016.gif
[PR]

by kanagourmet | 2012-06-11 06:33