<   2017年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

~嫁活日記②~価値観の一致よりも大切なこと

結婚前に行った嫁になるための活動、「嫁活」
今回は心構え編として2人で関係を築いていく中で実感したことを書いてみたいと思います。
ここに掲載の写真は私が若かりし頃ヨーロッパをバックパッカーしていた時に撮影した写真です。私はガイドブックには載っていないような静かで小さな村に行くのが好きで、今回はオーストリアのメルクとフランスのヴィルヌーヴ・レザヴィニョン という村の写真を載せています。

d0235123_13390264.jpg
(これはちなみにメルク修道院の階段です。)

結婚の条件として男女ともに挙げるのが「価値観の一致」です。闇雲に巷で婚活らしきことをしていた9年と11ヶ月の間は私もそれは必須条件だと思っていました。
しかしながら結婚相談所に入会し、本気で婚活&超スピード婚をすることになってみて初めて、私は今までしてきた「婚活もどき」は大きく間違っていたということを物凄く実感しました大きな気づきは2つあり、「価値観の一致は必ずしも必要ではない」ということと「恋と愛を履き違えていた」ということです。この日記では前者について書いてみたいと思います。

結婚相談所に入会し、本気で婚活を始めたら運命の出会いが突然あり、直感で「この人と家族になりたい」と思ってから、そもそも私は超根本的な課題「あれ、そう言えば結婚って何だろう!?」という疑問にぶち当たりました。(今頃です。本末転倒とはこういうことですね!笑)
それで本屋で手に取ってみた本が「結婚を後悔しない50のリスト」です。
2人にとって良い家庭を築くためにこの本は婚約者と一緒に読み、話し合いをしました。
d0235123_13374286.jpg私は結婚が決まってから読みましたが、結果的には婚活始まる前に心構えとして読んでおけばよかったとも思いました。(おすすめです!)
本書を私なりにまとめてみると下記の通りとなります。
①結婚は個人力で生きていた人生からチーム力で生きていく人生に変わるということ。
②結婚は愛し合い続ける相手を見つけ、自分たちだけの家庭を作り出し(これが大事!)改善し続けること。相性や愛情を超えた努力と技術が必要。
③自分にとっての正解をぶつけ合う正解主義ではなく、自分の考えについても修正の余地を探りながらお互いがすりあわせていく修正主義からスタートしなければいけない。
④夫婦で家庭という事業を経営していく発想が必要になる。「目標」「計画」を共有し「マネジメント」を共に行う。(会社みたいな考え方ですが、家庭を事業とみなしPDCAを回すという発想は全くなかったので物凄く勉強になりました。それからいつも旦那とこれを意識して家庭生活を営んでいます。まだまだ出来損ないですが)
⑤何かを成し遂げようとするときに同じ目標を共有できる人がいるほうがずっと実現度は高いし、自分以外の人のために努力する方が幸福感が高い。

ということです。
私自身の感想としては婚約者との話し合いを経て実感したのは、うまくいく結婚というのは「相手を理解したい、うまくやっていきたいという気持ち」と「人生道連れ」になる覚悟の上にこの①~⑤の考え方が成立しているのだと思いました。ビジネスに例えれば結婚において覚悟とはプラットフォーム事業で、①~⑤はその上で成り立つ技術もしくはコンテンツのようなものだと理解しました。

d0235123_14143196.jpg
ところで話を元に戻すと、価値観の一致とは必須なのかどうかという問題に対し、私は必須ではないと実感しました。
そもそも価値観とは育った環境や家族の中で醸成された考え方や言動なので、似ている人はいるかもしれませんが、初めから同じ人なんているわけがないのです。それを探そうとしても雲をつかむような話で、見つかるわけがありません。2人で折り合いを合わせ、2人の価値観を作り上げていくものだと実感しました。
例えば私たちなんて合わないだらけです(^_^;)

・旦那:お酒は飲まない習慣 私:飲むどころか大好きすぎる!
・旦那:居酒屋が大嫌い、レストランしか行きたくない 私:赤ちょうちん系、立ち飲み大好き!!
・旦那:海を巡る旅が好き 私:歴史・文化遺産を巡る旅が好き
・旦那:日常は静かでひきこもり 私:好奇心旺盛でアクティブ

等々挙げたらキリがないほど違いすぎる2人でした。
私をよく知る人なら分かってもらえると思うけれど、お酒を飲まない人と私が結婚するなんて信じられない話です。今までだったら初めから会いたいとも思わなかったと思います。旅行の趣味も違うし、そもそも日常の過ごし方も違います。
けれどモノは考えようで、例えば私と同じくらい飲む人だったら、家計の出費がかさむし、2人でどんどん飲んでしまって長い目で見ると健康に良くないかもしれません。d0235123_14245034.jpg
婚約者とお付き合いを初めてみて、夕食後に2人でジョギングすることの楽しさを知りました。
逆説的ですが、2人の違いを新たな自分の世界が広がる機会として楽しみ、少しづつ2人の家庭を作り上げていくのが結婚なのだと思いました。

少し話が脱線しますが、今まで婚活もどきをしていた時の私は、1回ディナーしただけで「ちょっと違う」と思って、もうダメだと決めつけ相手の表面しか見れていなかったと思いました。逆もしかりで、非モテであるが故に自分をどう男性に表現したらいいのか(自分を分かってもらえるのか)分からなかった私は、表面しか見てもらえなくて判断されていたと思いました。(嗚呼、非モテ時代の悲しき思い出・・・(´∀`))
そういったわけで、私みたいな第一印象が悪いパターンはそそくさと結婚相談所に入り、自分のバックグラウンドやプロフィールを全部公開して自分を知ってもらってから、きちんと相手に判断してもらうべきだったのだと思いました。

結婚していい家庭を築くために大事なのは表層的な価値観の合致ではなくて、さらにもっと内面的なところにあり、一緒に覚悟を決め、自分が折れても相手と心から上手くやっていきたいという決心なのだと初めて気がつきました。
この覚悟がしっかりしていればあとの違いというのは絆で包括できうるものなのだと実感しました。
d0235123_14490462.jpg
1人の人間として結婚とは幸せを実感するだけではなく、学ぶことの宝庫のような気がします。

[PR]

by kanagourmet | 2017-02-25 15:01 | 婚活 | Comments(30)

~嫁活日記①~結婚準備、生活立ち上げ編

出会ってすぐに結婚が決まり、これ以上婚活をする必要がなくなったので、婚活日記は突然終了することとなりました。今回から3回に分けて嫁活日記として結婚するまでに行ったことや考えたこと、学んだことを記載していきたいと思います。
こちらの日記は準備と生活立ち上げについて書いていきます。

お見合いしてから初めてのデートの後にいきなりお相手の両親にご挨拶なんて突拍子もない驚きの展開のあとは、止まることなく一気に結婚に突っ走っていきます。結婚した人がよく言う「上手くいく人とはトントン拍子で物事が進む」は本当なのだと体感しました。(私たちの場合はトントン拍子どころじゃないかも!?)

2回目のデートの時には、私の実家に挨拶に来てくれました。前回書いたように両親には「多大な精神的ダメージが多く、ついに虚言癖まで出てきた」と相当心配されていたのですが、相手の登場をもって、彼らはそれが誤りだったことをやっと認識したのでした。
常時林家ペー・パー子さん夫妻のような夫婦漫才を営んでいる私の両親から熱烈な歓迎を受け(お酒が入るとさらに上機嫌)、私の夫になる人は口では「いつもと変わらないよ、全然平気」と言っておきながらも、本当はとても緊張している様子でした。滞りなく実家で食事が終わったあと、私の愚母が「2人は一生添い遂げなさい、私たちはいつでも応援するから!」と言いました。その時私はお見合いの自己紹介書に理想の家庭像を妄想で書いたけれど、それはもうすぐ1ヶ月後くらいには実現されるものとなったので、きちんと心構えをしないといけないと肝に銘じました。
1人暮らしの家に帰宅したあとに母に電話したら、「2人がラブラブでびっくりしたわ♥」なんて言われました。ただ2回お見合い相手と会っただけなのに、傍から見れば私たちはそんな風に見えるのかと思い、心底驚いてしまいました。出会ったばかりでつい数週間前は知らない人だった人といきなりラブラブって一体どう言うことなのでしょう!?それくらい波長が合っているということなのでしょうか??

その次週には家族顔合わせを行い、正式に婚約となりました。

それからは花嫁としては楽しいイベントである婚約指輪探しと新居探しが始まりました!

夫になる人の趣味がファッションでありさらに時計コレクターなので、宝飾品である指輪にも相手ならではのこだわりがあり、初めから婚約指輪のブランドは3つに指定されていました。(私としてはいただけるのであれば何でもいいのですが(^_^;))会社帰りには銀座にあるそれぞれのお店に足繁く通い、サロンの方々とお茶を飲んでおしゃべりしながら1人で指輪を選ぶのがとっても楽しかったです(*^_^*)
それに今までダイヤモンドとは全く無縁の生活だったので、いろいろなお店を回ることでこんな煌びやかな世界があるものかと思い、婚約指輪への思いは益々深まるばかりでした。

さんざん迷った挙句「タンスの肥やしにはしない」という約束をした上で、婚約者からもらった指輪を見たときに、一気に涙腺が緩むという経験をし、感無量の思いをしました。心からありがとうございます。

ダイヤモンドは永遠の輝きなのですね072.gif
婚活に苦労した経験は忘れずに、やっと出会えた相手に私と結婚してよかったと思ってもらえるように頑張ろうと思いました。
d0235123_00130359.jpg












それと時を同じくして、婚約者が会社で結婚宣言をしたら、新居として会社がマンションを貸与してくれることになりました。
婚約者の会社に近いように新宿区に住もうと思い、会社からもらった候補の中から3つを選択して、内見に行きました。
それにしても今までこのあたりを自転車でうろうろしながら、「うわー!」っと見とれていたマンションに数ヵ月後には居住希望で訪れているなんて思いもせず、本当に運命とはわからないものだとつくづく思いまd0235123_00424999.jpgした。























モデルルームも見学して、インテリア好きの私としては願ってもない経験でした。
3軒回ったうち、私たちが共に建物に入った途端にビビビときた物件があり、1日で新居も決まりました。
私たちは結婚も新居も直感で決めてしまいました(笑)

私たちの方針としては大黒柱が夫で、私は結婚後も今までの仕事を継続しますが、あくまで家庭がメインという生き方をすることにしたので、婚約者と会わない日は婚約者の仕事を理解できるよう、勤務している業界の本や家計管理や掃除の仕方などの本を読んで、主婦スキル向上に向けた取り組みを行うようにしました。
d0235123_16272453.jpg














(これは2017年2月現在も取り組み中で、板につくまでは数年かかる模様です。道のりは長いです!)

そして頻繁に婚約者と会い、新婚生活をどう営んでいくか、2人のルールのすり合わせを行いました。
このルール決め&話し合いは結婚が決まってから始まり、そして新婚の現在も継続中ですが、非常に人間として学ぶことや考えることが多く、独身で気ままで「青い鳥症候群」だった私が一皮むけた(正確には現在むける途中)経験だと思っています。
その過程で「結婚相手は自分を映し出す鏡」だと思い、ここまで誰かと人間として誠実に向き合うことというのは今までなかったのではないかと思いましたし、婚活で疑問に思ってきたことが自分の中で完全に答えを出すことができました。

さてさて、今回の日記は結婚準備について書きましたが、嫁活日記残る2編は主に心構えに焦点を当て、「価値観の一致よりも大切なこと」と「恋とは?、愛とは?」について書いてみたいと思います!

[PR]

by kanagourmet | 2017-02-20 19:31 | 婚活 | Comments(0)

~婚活日記⑤~決戦は日曜日

今回の写真は今から7年ほど前にニューヨークの北部にある農家にホームステイをしていた時のものです。オーガニック野菜を摘んで青空市に売りに行ったり、動物たちと戯れたり、お母さんから料理を教えてもらって過ごしていました(^_^)

さて、こちらが婚活日記、いきなりの最終回となります。前回の婚活日記で運命的な出会いを果たした(と私は思っている)のですが、ここから一気に「結婚」になるわけです。d0235123_00534663.jpg
初めてのお見合いで知り合った人と連絡先の交換をしてからというもの、毎日頻繁すぎるほどの連絡をお互い取るようになり、1回会っただけですが「これは本格的なお付き合いになりそうだわ♥」と思いました。「今度○○に一緒に行こう」とか「今日は○○だった」とか連絡が来るようになり、「そんなの会ってから話せばいいのにー」と思うのですが、ニヤけてすぐに返信してしまう私でした(笑)。

ただ、気になったのが既にほかの3人ともお見合いの予定を入れているということでした。私は昔から「この人がいい!」と思ったら脇目もふらない人なので、お会いしてもお断りになってしまうのは必然の結果でした。しかしながらキャンセルポリシーを見るともう時すでに遅しで、キャンセルが出来なかったので、1回目の方に相談をしたら、実は彼も同じようにお見合いの予定を前々から入れてしまっていたようで、こうしてガッツを入れて婚活している場合はお互い1次面接の予定をたくさん入れてしまい、肝心な2次面接の予定を入れられないということもあるのだと思いました。

そういうわけでお相手にはとても悪いのですが、やり過ごさなければいけない1次面接を3回受けました。正直思ったのはとても良いな、相性が合うかもしれないと思った方もいたのですが、これはタイミングとも言うのでしょうか、私はどうしても1回目の方が忘れられず、面接中もその人のことを考えてしまうことすらありました。
d0235123_01044358.jpg
10月第3週目の日曜日。

これが私にとって運命の日となったわけですが、いよいよ2次面接およびロールプレイングの日がやってきました。
お相手に面接会場として指定されたのは、表参道のブティックでした。

何故かというとその人はファッションが最も深入りしている趣味であるため、よく行くお店に一緒に行って、自分に合った洋服を一緒に選んで欲しいというものでした。なかなか難易度が高い課題です。
というのも買い物中に2人の相性、そして私のセンス、さらに彼が昔から親しんでいる店員さんたちとのコミュニケーションまで問われると思ったからです。さらに微妙な距離感もどうしたらいいのかわかりませんでした。真剣な私は2次面接の前日夜も先人たちの婚活ブログを読み、イメトレをしたり、前回の面接では伝えきれなかったことをレビューして、当日を迎えました。

出来るだけ長く一緒に過ごしましょうということで、指定された待ち合わせ時間は朝の10時で、カフェでのお茶から2次面接はスタートしました。1週間の過ごし方から仕事の内容を中心に話し合い、彼は自分の携帯電話内にあるスケジュールを全部見せてくれて(もちろん頼んでいないのに)、1つ1つ予定を丁寧に説明してくれたのが印象的でした。d0235123_00535336.jpg
そして彼の行きつけのブティックでは店員さんたちと談笑も交えながら、楽しく買い物をして、上機嫌になった彼はお財布の紐が緩んでいるようでした。
こうして2次選考は時間の経過を忘れ、さらにそれが面接であるということ自体も次第に忘れて、自然な笑顔で笑い合う2人でした。

突然、その時は訪れました。
ランチを食べ終わったときのこと、彼が「あの、私は私はかなこさんの希望にかなっているでしょうか」と言ったので、私はすかざず「そんな質問なんて・・・言うまでもなくもちろんです!それより私のほうがこんなでいいのでしょうか。」と言ったら、「もちろんです。それであればもう結婚に向けて真剣に話を進めましょう。私は1年間かけて今まで何人ともお見合いをしてきたけれどあなたを上回る人は今までいなかったし、これからも絶対現れません。もう他の人とお見合いをして欲しくないです。」とストレートに言われ、私はあまりに突然過ぎたのであっけにとられてしまいました。

その時時間は15時過ぎでしたが、買い物という用事が終了してもお互いまだ帰るという雰囲気では全くなく、その後の過ごし方として彼から提案されたのは、なんと彼の実家で夕飯を一緒に食べるということでした!!
お見合いにおいてお相手の両親に会う=明らかに結婚です。
私はこんなに早く物事が展開してしまうなんて全く思ってもおらず、そんな準備もしていなかったのですが、着の身着のまま表参道から車で30分ほどのところにある彼の実家に行くことになりました。
彼は電話で「かなこさん今日連れて行くから」とお母さんに電話していていました。d0235123_00535979.jpg
成人男女の自由意思で結婚が決められるこの時代、この時点でほぼ結婚は決まりです。私は自分はもう結婚は絶対に無理だと諦めて、ずっと自分の人生を悲観していたわけですが、こんなところで大逆転が待っていたのだと思いました。

恐る恐るお邪魔した彼の実家は都内ですが緑に囲まれた閑静な住宅街にあり、お父さんとお母さんが笑顔で待っていてくれました。このシチュエーション、あまりにいきなり過ぎて誰でも超緊張しますよね!?そのため私は顔がこわばるばかりでした。
家に入るなり彼は私に、「これでうがいをして」とコップを渡してきたので、いつもどおりうがいをしたら心穏やかではなかったためか、なんとうがい薬が鼻から出てきてしまいました(>_<)超痛かったです(笑)。
「あー大変!」と彼を呼ぶと、私の様子を見て彼が笑っていました。「母さん、かなこさんが大変!タオル持ってきて」なんて言っていて、初対面早々とんだ大失態をしてしまったのでした。

不幸中の幸いかこれがアイスブレイクとなって、緊張でこわばっていた中、随分と打ち解けることができて、夕食をご馳走になったあとは楽しく4人で談笑となりました。なんだか私はご両親とお話しているととても自分が落ち着くなという不思議な感覚を感じ、初対面な感じがしないと思いました。
d0235123_01103633.jpg
帰り道、私の家まで送ってもらっている途中に改めて彼からプロポーズされました。
いきなりですが、ついに待ちに待った瞬間が来た!という感じでした。
「会って2回目とか時間の長さは私たち2人がきちんと向き合っているのでこの際関係ないと思います。結婚相手は自分の人生の半分を占めるくらい重要だと思いますが、私はかなこさんに自分の人生の半分を掛けたいです。」と言われ、返す言葉がなくなってしまったのを今でも鮮明に覚えています。

(かなこ、心の声)「この人、大丈夫かな、超強引(笑)」

帰宅してからはすぐ母に電話しました。今日の出来事を全部話すと、「どうしちゃったの!?あんたいい加減に目を覚ましなさい!病院に行きなさい!」と言われてしまい、どうやら母は私が完全に頭がおかしくなってしまい(先日までメンタルだったというのもあり)、とうとう虚言癖まで現れてきてしまったのだとひどく心配されてしまいました。
(まぁ、あまりに突然過ぎて聞いている方にそう思われても何の不思議もないことだとは冷静には思います・・・)

その日の夜私は1日を振り返り、「決戦の日曜日」だったと思いました。
そしてベットに入りながら「今まで何だったんだろう!!??」ということをひたすら考えました。
というのも、今まで頑張ってモテると雑誌で出ていた服を着たり、ノリ良くしたり、男性にウケるように色々努力は自分なりにしてきたものの、全く効果は現れず、本気で非モテ街道まっしぐらでした。ずっと悩んでいました。
それなのに、最後の頼みの綱として結婚相談所に入会したら、こんなにも早く自分が願っていたような結婚がタナボタのように手に入るなんて思ってもみませんでした。結婚相談所に自分の運命を託し、お見合いでは自己分析をしっかりして、自分を正当な形で知ってもらえるよう、まるで就活のように取り組んだ結果なのでしょうか!?

別れを告げようとしている独身生活での出来事が走馬灯のように頭を駆け巡り、さらに彼との結婚生活!?を考えると、全く眠れず、今日1日は夢の中での出来事だったのではないかと何度も自分に「これは夢じゃないよね」と問いかけてしまうのでした。

というわけで、こんなふうに私たちは電撃婚へと突き進んでいくのでした。もうこれからは結婚相手を見つける必要はなくなったため、次回の日記からは無事嫁になれるまでの道のりを綴った「嫁活日記」を数回に分けてアップしていきたいと思います。
d0235123_00532444.jpg

[PR]

by kanagourmet | 2017-02-12 01:16 | 婚活 | Comments(2)

「覚悟」した合同お誕生日会

今回の日記は食事で言えば箸休め的なものです。熾烈な婚活日記がここ最近続いていたので、少し路線を外してみました。
何を隠そう、結局私の旦那となった人は前の日記で握手を交わした人でした。
結婚まで1年コースだったら超ラッキーと思って入会した結婚相談所で、まさか初めてお見合いした人とそのまま超スピード婚してしまうなんて本当に夢にも思いませんでした(笑)。これからの日記は超スピード婚までのお話をしていきたいと思います。

さてさて、私たちのお誕生日は3日違いなので、先週の土曜日は合同お誕生日会を開きました。
場所は白金台のgentil-hにて。
d0235123_23434132.jpg























今までランチで訪れたことがあった同店ですが、ディナーの雰囲気はさらに大人シックな雰囲気が漂い、いつも家では童心に返って(!?)リラックスモードの私たちは少し身構えてしまうのでした。でも時々こういったよそ行きなかしこまったデートというのも悪くないなと思いました。
ソムリエの方の饒舌なワイントークとともに日本の冬の味覚をアレンジしたフレンチの見事な融合を3時間もの間楽しませていただきました。
私の前でしか飲酒をしないと決めている旦那(!)はいつもワインを飲むのに乗り気ではないのですが、この日は初めてというくらい、楽しげにソムリエの方の話に聞き入っていて、ワインを飲む楽しさを初めて知ったということでした。これがこの日の最大の収穫でした。
(超ストイックな旦那は飲酒が仕事と日々の筋トレの邪魔になると考えています。そのため飲み会もほぼ行かず、もともと好きではないということから、ほとんどアルコールを口にしません。私と外食した時だけなのです。)
これからどんどん飲んでください(笑)

ところで初めての合同お誕生日会は、いつもの家でのふざけた話はさて置き、結婚式や新婚旅行の話になり、少しづつ私たちも結婚しているカップルらしくなってきたことを実感しました。

そして私たちが真面目な話を時々すると必ず出てくる、「覚悟」の2文字の話になりました。(ちょっと重い話になりますが・・・)
こんないきなりスピード婚をしたというと、結婚している諸先輩方から、「結婚は気まぐれじゃないんだ。甘く見ないように!」と怒られてしまいそうなのですが、私たちは出会って1ヶ月も経たないうちに(当たり前ですが)一生の覚悟を決めて結婚しました。
お互いがこの結婚で決めた人生の覚悟をゆっくりと話し合い、なんだか胸が熱くなる気持ちがしました。

これは確かなことですが、私はこの人としか結婚はできなかったなと思っています。
恥ずかしながら私は今まで10年以上も婚活していたわけですが、今まで出会った人とダメになったのはこの人に会うためだったのだと思いました。(いつも取っ組み合い&痴話喧嘩ばかりですが(^_^;))
d0235123_23520233.jpg
















ところで旦那のお誕生日だった昨夜は、自宅で旦那の会社から届いた赤ワインに合うようにステーキとグラタンのディナーを作りました♥
私が大好きな佐賀牛はいろいろ試行錯誤してみたら、上手い感じでミディアムレアに焼き上げることができました。隠し味にオイスターソースを少し入れてみたのですが、ソースのベースとしているバターとの相性がよく、それが霜降り牛と相まってステーキの重さを全く感じませんでした。そしてミニグラタンはベシャメルソースから作ってみたのですが、もったりとした濃厚さがフルボディの赤ワインとよく合い、2人とも仕事帰りのお疲れモードが一気に吹き飛ぶディナーでした!
d0235123_00212887.jpg












こうして私と旦那は1歳おじさん、おばさんになりました(^_^)

また次回からは婚活日記に戻ります!


[PR]

by kanagourmet | 2017-02-02 00:41 | 日常 | Comments(0)