<   2016年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

幸せ♥お花見時間

27日(日)はご近所恒例メンバーで代々木公園でお花見をしました♥
場所取り担当だった私。2人には「お花畑の奥にいるよ」とメールしただけで、3人が無事に会えるというこの距離感(^_^) 最近よく3人で一緒にいるよね!
d0235123_230688.jpg
それぞれのお手製料理も披露しながらお花見パーティー開始♪
d0235123_2343684.jpg
まりちゃんはなんと最近趣味で通っているパン教室で習ったフレンチブレッドを作ってきてくれました★
これは出来立てだからかもしれませんが、生地がしっとりとしてとても美味しかったです。さらに焼き野菜のマリネも。フレンチのお惣菜をぱぱっと作れるのが素敵です。
たかみーは実家徳島産の食材を使って、ひじきのおにぎり(これは東京で買うひじきとは全くの別物でした!)、とこぶしの煮付け、砂肝の唐揚げを作ってきてくれました。
私はというと、春らしく筍、春キャベツ、菜の花、新じゃがいものジェノベーゼパスタサラダ、金柑のコンフィチュール、鶏ハムを作りました。ジェノベーゼは市販のペーストに自作のバジルペーストを混ぜ込むことにより、冷めても味が長続きしているように思いました。金柑のコンフィチュールは冷たい白ワインに合います。今の時期だけのワインのおつまみです。
食べながらレシピの情報交換出来るのも楽しいですね♪

前置きは長くなりましたが、乾杯♥
d0235123_23145181.jpg
見上げればこんな桜が・・・
d0235123_23161981.jpg
そしてひらひらと私たちの食卓に落ちてきて、またさらに目を和ませてくれます。
d0235123_23171067.jpg
周りを見れば思い思いにお花見を楽しんでいる人たちばかりで、まさにここはみんなの幸せが詰まった空間でした。

近くにインターナショナルスクールが数校あるからか、見渡すと外国人率が高くて、ここは日本なのかな!?と思うほどでした。

何をしているのかなー??
d0235123_23215633.jpg
とても絵になります。
d0235123_23225185.jpg
d0235123_23234625.jpg
d0235123_232422.jpg
踊っている女子高生たちも。なんだか懐かしくなります(*^_^*)
d0235123_2325234.jpg
まりちゃんも嬉しそう♪
d0235123_23254485.jpg
かわいいわんちゃんたちがたくさんいました。
そんなにジロジロ見ないでよ~と目で訴えられているような気も・・・(笑)
d0235123_23273278.jpg
d0235123_23281385.jpg
マイケルくん♥餌をもらうことに真剣!
d0235123_23283453.jpg
柴犬を見ると昔実家で飼っていたゴン太を思い出します。
d0235123_23292291.jpg

子供たちも元気いっぱい、大はしゃぎでした。
3人で話していたけれど、子供が安心して遊べる環境って幸せと平和の象徴ですよね。
「こんなに綺麗な桜を集めたんだよ」
d0235123_23313242.jpg
(※写真掲載はご許可をいただいております)
「かなちゃんにも見せて!」
「ほらー(*^_^*)」「すごーい!」
d0235123_23323481.jpg
こんな会話を子供たちと交わす背景には「黄色の帯」とも言えるような菜の花の大群が咲き乱れていました。菜の花だってお花見の主役です!
d0235123_2335112.jpg

こうして偶然集まった人たちとまるで一体感があるようにお花見のひと時を楽しめるというのはとても幸せなことだと思いました。

ところで、いきなり生真面目な話になってしまいますが、寝っ転がって色々なことを考えていたら昔アメリカにいた頃にメンタルトレーナーの先生と話したことをふと思い出しました。

欧米人が愛でるのはバラで、よく中世の西洋絵画でもモチーフにされています。それに対し日本人は毎年のようにこの桜のシーズンを待ち焦がれ、こうして盛大にお花見をして桜を愛でます。
バラは一輪でかつ単色で華麗に咲き誇るところが欧米人の個人主義的価値観が投影されているのに対して、桜は静かに淡く咲き、大輪で咲き満ちて、ひらひらと一斉に散っていくところが日本人の集団的価値観や死生観が重ね合わされているとも言われています。

この先生との対話を通じて私は当時「そもそも考え方の根本が違うのだ」と色々合点が行かなかったことも異文化の壁として認識して、いい意味で諦めるということを学んだのでした。

これと今年の桜がこのお話とどう関係するのかと言ったら大して関係はないけれど、色々な経験があって今の自分がいて、それなりに幸せなのだと今年の桜を見て感じたのでした(*^_^*)

d0235123_094831.jpg

にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

by kanagourmet | 2016-03-30 00:19 | 日常 | Comments(5)

海底トンネルで美コンシャスに

三連休の最終日の今日はお台場に行っていました。
お台場なんて何年来ていなかったかな・・・以前が思い出せないほどで確実に6年は来ていないです。
d0235123_21535427.jpg
その目的はヨガイベントに参加するためです。
私は中学、高校、短大とずっとダンス系の部活をしていて、特に短大ではチアリーダー部だったため、筋トレして大会に出たりしていました。今はジムでエアロビ中心だけれど、最近はBAILA BAILAにハマっています♪
ニューヨークにいた頃は仕事のためジムが空いている時間に通えなかったので、帰宅後ヨガウェアに着替えて真面目にお水持ってクラブに出かけたこともありました。(といっても数回くらいだけれど(^_^;))本気で踊りに来ている人たちがいるので、その中に混ぜてもらってひと時を楽しんだことも思い出です。

ところで今日は単なるヨガイベントではありませんでした。
3月末の開通を目前に控えたお台場と大井町を結ぶ海底トンネルの中でヨガライブが行われるということで、非常に珍しいイベントに会社の後輩ちゃんである黒ちゃまからお誘いをいただき、一緒に行ってきました。
受付を済ませて、本当にトンネルの中に入ってきます(笑)トンネル内を「歩く」って不思議な気分です。ひんやりとした空気の中を2人で歩いてきました。
d0235123_22153715.jpg
d0235123_22163411.jpg
会場はこんな感じで、ヨガというとスピリチュアルな瞑想的なイメージだけれど、雰囲気からしてハウス系の踊りのようで全く想像していたものと違っていました。参加者は300人くらいはいたはずです。
d0235123_22212580.jpg
インストラクターの方はその道のプロの方々で、黒ちゃま曰く、すごく有名な方なのだそうです。
モデル兼ダンサーの来夏さんが特に素敵でした。美コンシャスになれるような日々の美容に関するお話もしてくれて、まだまだ努力が足りないことを痛感しました。
d0235123_22294916.jpg
私は美容にはお金を掛けない主義なので、運動をもっとして健康食を食べて、体作りを頑張らないとです(^_^)v
最後には記念撮影もしていただき、来夏さんやその他のダンサーさんたちと2時間も続けて踊ることが出来て、非常に楽しいひと時でした。
d0235123_22325349.jpg
イベントが終わったあとも興奮冷めやらず、黒ちゃまとトンネルの中でヨガポーズをたくさんして、2人でふざけ合って帰路につきました。
最後にお疲れ様の乾杯をしたかったけれど、う~ん、今日は我慢(>_<)!!

にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

by kanagourmet | 2016-03-21 22:41 | 日常 | Comments(0)

ホームパーティー日記

大好きな友達たちとホームパーティーを開いて、ゆっくりと自由気ままに語れるのは私にとって「パワーディナー」と呼べる、大好きなひと時です。

最近のホームパーティー備忘録です。
d0235123_19515430.jpg
この日はご近所友達のまりちゃんとたかみーが遊びに来てくれました。
3人の予定の関係で金曜夜の開催となったため、準備は木曜夜から始めました。
会社帰りにスーパーに立ち寄り、自分のその時のインスピレーションでレシピを組み立てて、実際に作るのが、私にとって至福の時間です(^_^)

この日のメニューは・・・
★前菜1  タコのガリシア風、ガスパチョ、サーモンとアボカドのタルタル
パパッと作れる簡単レシピばかりです。ガスパチョなんて木曜の朝食に作ったトマトスープをアレンジしただけのものなので、手抜きでごめんね!というべきレシピだったりします。寒い日だったので少し工夫をと思ってホット版のガスパチョにアクセントはとろけるチーズを入れてみました。本場のものとは大きく違うけれど、こちらのプレートはスペイン料理を思い出して作ってみました。

★前菜2  キャロットムースのタルトとガーデンサラダ
タルトは木曜夜に焼いて冷蔵庫で休ませていたら、サクサクになりました。それに生クリームとチキンスープで煮込んだ人参をムース状にしてパイに練りこみます。これだけだとお菓子のようになってしまうので、焼いたサラミを乗せて、スパークリングワインに合うようにしてみました。
それに採れたての野菜とはちみつ塩レモンで作ったドレッシングを和えました。
d0235123_12325666.jpg

あと特にみんなにヒットだったのがトマトジャムでした。これはただミニトマトをオーブンで焼いてオリーブオイルで和えただけの、ジャムと呼べるものでもないほどの簡単すぎるものなのですが、これはカリカリに焼いたバケットにマスカルポーネチーズ&クリームチーズと共に乗せて食べると、止まらないくらいワインのおつまみにぴったりでした。
それからというものトマトジャムは常にストックして、朝食に欠かせないアイテムになりました。

★メイン 塩レモンチキン鍋
これは私の十八番料理です。モロッコ料理からヒントを得て作ってみたのですが、あいにくタジン鍋を持ち合わせていないため、STAUB鍋で作ってみました。でも一応絵になるかな!?
d0235123_12405365.jpg
野菜たっぷりのチキン鍋でホームパーティーは締めくくられました。

続いて、秘書室時代の先輩が遊びに来てくれた時の献立はこちらです。春らしい食材を買い集めて春満載レシピです。
d0235123_12443796.jpg
d0235123_1510157.jpg

上から時計回りで
★たらの南蛮漬け
邪道かもしれないけれど私は南蛮漬けは温製かつ漬けないものの方が好きです。(なので正確には南蛮「漬け」ではなく、「和え」といったほうが正しいです)
その為、たらをカラッと揚げて甘酢とたっぷりの千切り野菜を添えました。出来立てを食べるのが一番で、様々な食感を一度に楽しめます。こちらは京都で行った割烹のレシピを真似てみたものです。

★菜の花と生ハムのお浸し
ベーシックなレシピなので、ちょうちょ型にくりぬいてだしを煮含ませておいた人参を飾ってみました。

★ほうれん草と干し柿のクリームチーズ和え
面白い組み合わせです。さらに今がシーズンのキンカンは細かく刻んで和えているので、とても後味がすっきりします。薄口醤油とクリームチーズを混ぜてベースを作っているので、ほのかに和風が漂う日本酒にとても合う一品でした。干し柿とキンカンが同時期にスーパーに並ぶ本当に今しか食べられないレシピです。
こちらはいつも読んでいる料理本のレシピからの抜粋です。

★自家製鶏ハム
料理オタクであるゆえ、ハムも自分で作ってしまおうかと思いました(笑)。
市販のソーセージやハム等の加工肉は通常ソルビン酸、酸化防止剤、発色剤、安定剤そのほかつなぎと呼ばれる肉同士をくっつけるための合成物質が多用されており、それらが発がん性物質であるため、私は極力食べないようにしており、買う時は少しお値段が張るけれど無添加のものを意識して買っていました。
だけどハム自体からは良い出汁が出て、料理のアクセントになることには変わりはないので、最近トライしてみたのが自家製ハム作りでした。
鶏胸肉を塩と砂糖で味付けしてなじませて冷蔵庫で熟成させます。その後一度洗い、写真のようにサランラップでキャンディー状にして40分間70度でゆでます。そして1日冷蔵庫で寝かせて出来たのがこちらです。
d0235123_13103679.jpg
しっとりとしたハムができました。ほのかな味なのでそのまま食べてももちろんいいですし、塩ネギたれとかでも美味しそうですよね!さらに中に野菜を入れて巻いてもいいですし、ハーブを入れて作ることもできます。
かなり使い道もあって、私はサラダと合わせてサンドイッチにしたり、スープに入れたりしています。無添加ハムが作れるようになったことでさらに健康食のレパートリーが増えました(^_^)

締めのお食事はふきの炊き込みご飯と鶏団子のお吸い物でした。かつおと昆布だしでとった一番だしが活躍してくれました。
d0235123_13141497.jpg

和風の春爛漫レシピでした♪

ちなみに、いつも私はこんな料理を作っているわけではありません!
1人の時はなんでもいいので、お粥かサラダ、鍋等々の超適当料理で、どんどんスキルとレシピを考えるインスピレーション力みたいなのが落ちていく気がしたので、時々こうしてホームパーティーを開いて鍛えておかないといけないかなと思っています。

そして最近は土日に家の近くにある料理サロンで料理研究家の先生のお手伝いをボランティアでしてみることにしました。
空いた時間の片手間で先生たちとお話しながら料理のお手伝いをしたり、私のメインは接客なのですが好きな料理関係に携わることが出来て、もちろん無給だけれど日常の楽しみが1つ増えました。
みんな、来てね♪なんて(笑)

いつか今勉強している通訳ガイドの資格と絡めて趣味で外国人向けに和食の料理教室を英語で開くのが私の長年の目標です!!

来週は春爛漫レシピその2ということで、またまたご近所ちゃんたちと代々木公園でお花見をする予定なので、今からお花見弁当のレシピを考えています♥
d0235123_14303453.jpg

にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

by kanagourmet | 2016-03-20 15:12 | 日常 | Comments(6)