<   2016年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

創作的なアニバーサリー

最近自宅に篭りっぱなしの私でしたが、さすがに誕生日はそれなりにということで、珍しくイタリアンに行って来ました。

Ponte Del Piatto
こちらはモダンイタリアンに属するお店で、既存の枠にはまらないいわばシェフのインスピレーションで構成されたメニューを提供する創作イタリアンです。
区切りの年である35歳のお誕生日を飾るレストランとして一緒に行った幼馴染とここに決めた理由は、まさに2人が「創作的な人生」を送れますようにという願いを込めてです。なんてねっ(*^_^*)

d0235123_1214746.jpg
例えばこちらの非常に個性的なリゾット。配色は赤、オレンジ、黄色、ピンクの同系色でまとめられていて見た目も美しいですね!
トマトベースのイイダコのリゾットがあさりの出汁で煮込まれています。ここまでは巷の数多くあるイタリアンで見かけるメニューです。
そしてここからが驚きだったのですが、それにサフランを練りこんだとろろ芋がすり下ろされ、トッピングとしてウニとシソの実が添えられていました。
感想としてはとろろ芋の独特の食感の中にウニや蛸、あさり等の魚介類の出汁が溶け込み、最後にシソの実がパンチのあるスパイスとしていい役目を果たしていて、全体的には「和伊折衷」と言える個性的な世界をひとつのお皿で創り上げていました。

料理に自分の人生を例えるのも変な感じかもしれないけれど、そんなふうに一見合わなかったり違うと思うような要素でも取り込んで自分の中でケミストリーさせて、自分だけの「おいしい」創作的な人生を送っていきたいなと思いました。

このようにポジティブに思える部分もありつつも、自分の近年を振り返ってみると創造的どころかイマイチだと思うことばかりな気がしてきて、自己嫌悪になってきてしまうのです・・・。(今だからなのかな。)

それで金曜日に友人と話していて言われたこと。
その人はとても日本史好きというか完全なオタクで作家として執筆までしている域なのですが、何事も歴史上の人物や出来事に例えて話を展開する面白い視点の持ち主です。

本当の個人的な出来事の話は口外せずに自分の中で解決するとして、私のこの数年間にわたるイマイチ&アンラッキーな出来事をさらっと面白おかしく話してみたら、色々なアドバイスをくれました。

★努力をしているのにダメなのは努力の矛先とやり方が間違っている
これは自分でも薄々気がついていたこと!なので、今自分軸を曲げない程度に矛先とやり方を変更できるように私なりに考え中なのです(^_^;)
確かにこの10年間くらいを振り返ってみたら、無理したり合わないと思うこともたくさんやってきた気がします。それはそれで教訓になったのですが、もういいかなという感じで、様々な経験を通して合う/合わないがよくわかったので、これからは矛先を自分に合うものにフォーカスしていこうと思っています。

★もしかしたら「晩成型」なのかもよ!?
これは面白くてポジティブになれる言葉でした。日本史オタクらしく多彩な視点で色々な例を挙げて説明をしてくれました。
例えば徳川家康。幼い時は人質だったそうで、その後紆余曲折を経て征夷大将軍になったのは62歳の時でした。「人の一生は重荷を負て遠き道をゆくがごとし、いそぐべからず。」という言葉を遺しているそうです。
また奈良時代に中国から渡日した僧で唐招提寺を創建した鑑真も家康と同じく大器晩成型のようです。
日本史上の人物の人生を紐解くと、本当に晩成型の人が多く、まだ諦めちゃダメだよ!と友人が励ましてくれました。
私は「大器」ではないので「晩成」の言葉だけも拝借するとして、例に挙げてもらった人たちを参考に矛先は明確にしつつも様々な要素を取り込んで、創作的な幸福晩成型を作っていきたいと思いました。

節目のお誕生日はしっとりと自分の人生を考えられる良いきっかけをもらえた気がします♥
これから楽しいことがたくさんあることを祈って!
d0235123_1481518.jpg



by kanagourmet | 2016-02-14 01:57 | 日常 | Comments(0)