<   2015年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

シルバーウィーク ~ワイガヤ編~

1ヶ月以上経過してしまいましたが、シルバーウィークの思い出を綴りたいと思います。
また別日記で書きたいと思うのですが、暇つぶしのため連休後から今までは休日と平日朝に取り組んでいたことがありました。でも気がついたら不思議なもので暇つぶしから本気になっていて、ブログに全く向かえませんでした。
先週末からそれもやっと落ち着いたので(やれやれ・・・ホッ(*^_^*))、今週末からは気兼ねなく気まま時間を過ごせます!

遠い日の記憶となりつつありますが、今年のシルバーウィークは単独瀬戸内海アート旅行のあとは短大時代の友達たちと合流して関西を旅していました。
彼女たちと一緒に過ごした数日間は短くても、私にとって1分1分が貴重で、みんなとの対話を通じてとても勇気づけられました。本当に昔からの友達は大事ですね!!

実は恥ずかしながらも、国内旅行経験が乏しい私ははじめて大阪に来ました。
まず降り立って初めに目に飛び込んできたのは路上立ち食いラーメン。なんて豪快なのだと驚きました(笑)。
そして1年ぶりの再会はグリコ前で!
d0235123_18563188.jpg
今回の旅のお供は短大時代の友達であるさおりとまいと、さおりの娘ちゃんであるみーちゃん(11歳)とりーちゃん(9歳)です。
5人でハグをして、久しぶりの再会に盛り上がりました。みーちゃんもりーちゃんも大きくなったね!
大好きだよ~みんな(^_^)

法善寺横丁にあるお好み焼き屋さんで再会の祝杯です。
大阪のお好み焼きは東京のお好み焼きと比較すると鰹節の出汁とキャベツが多めで、何個でもいけてしまう勢いでした。(おっと、いけない!食べ過ぎ注意♪)

天神橋筋商店街や通天閣をぐるっと回って、次にたどり着いたのが串カツさんです。
串カツにハイボールが飲みたかったの♥
d0235123_21341058.jpg

5人でわいわい騒ぎながら、楽しいお話ばかり!子供たちの小学校の先生や友達の話や百人一首で暗記した内容を聞いたり、私たち3人の仕事の話などなど。
話せば話すほど気持ちが和んでいって、何だろうこの安心感は♪
子供たち2人も私たち大人の話にそつなく入れているというところがすごいなと思いました。
帰りは5人で手をつないで、懐かしの名曲JUDY AND MARYの「そばかす」を歌いながら帰りました。
小学生の2人は家でよくさおりとパパがこの曲を歌っているから覚えたみたいです。
みんなで楽しいね!

この日は大阪市内にあるさおりの自宅に泊まりました。
帰宅後大騒ぎし始めた子供たちを寝かしつけたあとも3人で語っていたのですが、超料理上手なさおりお手製のポークリエットやピクルス、いちじくのコンポートなどが食卓に並び、ワイン片手にとても豪華なおつまみをいただきました。

次の日の朝はまたさおりのお手製ブレッドが食卓に並び、前から思っていたけれどさおり宅はホテルみたいです。私も見習わないと!
パンにフレンチバターを塗ってはちみつをつけて食べるの、美味しいね★
d0235123_2147051.jpg

この日は5人で滋賀のおごと温泉に行きました。
まず、比叡山の麓にある旧竹林院で日本庭園を鑑賞しました。
d0235123_21524625.jpg
ここは比叡山延暦寺の門前町として栄えた坂本に点在する高僧の隠居所のひとつです。邸内には日本庭園が広がり、主屋をはじめ2棟の茶室や東屋などが配置されています。秋が深まりゆく庭園を散策していると、青く澄んだ空に赤とんぼの群れが飛んでいました。
爽やかな秋日和ですね。

それから5人で坂本にある鶴喜そばでランチをいただきました。
d0235123_2214319.jpg
超名店で入るのに30分~40分ほど待ちましたが、その甲斐あって大変美味しいお蕎麦にめぐり合うことができました。
一口で鰹節のほんのりとした香りが口いっぱいに広がり、噛む必要がないほどの柔らかいお蕎麦は喉元で溶けてしまうほどでした。

そして午後はさおりとまい、みーちゃんと私とりーちゃんの2チームに分かれて過ごしました。
3人は比叡山を登って神社にお参り、私とりーちゃんは早めにホテルに行って、ホテルのライブラリーでりーちゃんと一緒に絵本を読んでいました。

気を使うことなく、気の赴くままに好きなように過ごすのが私たち流かな(*^_^*)

夜はホテルで合流して5人でお部屋についている露天風呂に入りました。5人一緒に湯船に入れるなんて仲良しだから出来ること♪お湯の掛け合いっこをして5人小学生がいるみたいでした(笑)

夕食は近江牛のしゃぶしゃぶや新鮮な魚介類が並んだ懐石料理でした。どれも豪華で本当に美味しかったです!
d0235123_2215058.jpg
お子様プレートも充実していて2人はハンバーグを頬張りながら嬉しそうにしていました。

夜は5人で枕投げをして部屋で暴れたり、またみんなでお風呂入ったりして楽しいひと時を過ごしました。

子供たちが寝たあとはさおり、まい、かなこの時間ということで、買ってきておいた日本酒片手にお部屋の露天風呂で思い出話をしていました。
d0235123_22233691.jpg
思ったのですが、学生時代の友達は生き証人ですね。彼女たちと話していて短大自分の自分と対話しているような感じがして、あの時のまっすぐな気持ちを思い出すことができました。
18歳の頃からいつも支えあって一緒に喜怒哀楽を経験してきた私たち。
特に早くから家庭を持って立派に2人の子を育ててきたさおりは、仕事しかしてきていない私なんかとは比べ物にならないほど大人で、お母さんの心の広さを持っています。まいもベトナム駐在から帰国して、またひとまわり大きくなったよね!なんだか何をやっているんだかよくわからない私は一番子供かもしれないです(笑)。三人三様の性格でお互いのパーソナリティーを知り尽くしているので、気を使うことなく私に限って言えば2人に甘えっぱなしだったかも!?

次の日の朝食はこんな豪華なものは久しく食べたことがないというほどでした。
新鮮なお魚が1匹丸ごとビュッフェに並んでいて、席に設置されているグリルで焼くのです。
d0235123_2236478.jpg
手作り豆腐から朝採れ野菜まで並んでいました。
今回宿泊したホテルは緑水亭で、サービスも見ての通りお食事もお風呂も全て素晴らしくて、5人であたりくじを引いたと喜んでいました!こちらはオススメです★

さて、惜しくも最終日は京都に行って観光して、貴船で川床ランチをしました。(食べてばかりです・・・恥)
この清涼感はなんでしょう・・・!
d0235123_22495565.jpg
さやさやと流れる川の音がBGMです。なんて贅沢なの(*^_^*)
d0235123_2392171.jpg
また明日からみんなに会えなくなるかと思うと寂しくなってしまうのでした。

帰りに貴船を散歩しながら2人が小学校で覚えているという百人一首集を朗読しました。
d0235123_23144494.jpg中でも私たちの気に泊まったのはこちらです。首の意味は「もうすぐ病気で死んでいくのでしょうけれど、この世の思い出に、もう一度あなたにお逢いしたいものです。」なのだそうです。「なんて切ないの、和泉式部・・・(>_<)」と5人で同情しました。でも消えゆく命であったとしてもそこまで好きな人に出会えたというのは幸せなことなのだと私は同時に思いました。

5人で行き当たりばったりだけど、私たちらしいlaid backな旅行は百人一首の朗読をもって幕を下ろすのでした。

大阪から東京に向かう深夜バスの中で私はこの旅行でたくさんの元気と勇気をもらえたと思い、4人に感謝の気持ちでいっぱいでした。
またさおりの2人の子供たちがあまりにもいい子で、そのピュアな気持ちが私を初心に帰らせてくれました。
子供らしさを残しつつ、聡明で心優しいみーちゃんとりーちゃんはさおりのすばらしい教育の賜物で、彼女は短大卒業後家族というかけがえのないものを手に入れ、幸せという成果を残してきたのだと思いました。
それに対し私は何を残せているのだろうかと思い、あまり思い浮かばなかったのですが(苦笑)、2人のさおりとまいという生き証人たちとの対話の中で、日々の追われた日常生活の中で見えなくなっていた本当の自分と向き合えた気がしました。
そして冒頭にも書いた暇つぶしで行っていた取り組みを本気になって考え、先週日曜日の試験日まで挫折することなく猛烈に駆け抜けることができました。
そんな原動力をくれたのは2人だったので、本当に心から感謝です。

東京の家に帰宅して数日後、みーちゃんとりーちゃんからお手紙が届きました。どうもありがとう♥
d0235123_23464236.jpg
今までは3人で遊んでいたけれど、これからは2人が加わって5人で遊ぶことができるね!!

にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村
[PR]

by kanagourmet | 2015-11-08 23:53 | 旅行 | Comments(0)