<   2015年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

婚活迷走記

旅行記やらで最近の出来事やそこから考えたことなどを記しきれていなかったので、友達たちとのディナーや色々な人との婚活を通じて振り返ってみたいと思いまーす!

こちらは最近の婚活で考えたことや女子会の記録になります。

1. ギャル会
4月になると特に開催したくなるのが通っていた女子校の友達との集まりです。中学で彼女たちと出会って23年が経ちます。もちろん彼女たちは私の友達たちの中で最も仲良くしている期間が長く、アメリカから帰国して思ったけれど、やっぱりI can't live without them!!なのです。本当に頻繁に会って彼女たちとたくさん話さないと、自分が自分ではなくなってしまうというか、そんな分身とも言える存在です。
この日はさっちゃんが私たちの誕生年に醸造されたイタリアワイン・バローロを持ってきてくれていて、彼女御用達のイタリアンレストランのシェフに特製コースを仕立てていただきました。
バローロは34年間という静かな眠りから醒めて初めて空気に触れて生き生きと香り立っていました。基本的にワインは年数を重ねることに味が重厚になっていきますが、ミディアムで丸みを帯びているおいしさで、私たちも人生の中でそんな時期にあるのだと語りました。
テノハ代官山
d0235123_23502526.jpg
「私たちの23年間に乾杯!!」
平日のしんと静まり返ったイタリアンレストランでは、私たちの歓声が轟いていたことと思います。
異動したばかりで毎日緊張の日々を送っていたのですが、彼女たちと戯れて心から和むことができました。
その後は六本木のバーでしんみりと語り、明日も会社だというのに随分と無理をしてしまいました(^_^;)

2. アレックス王子
人との出会いというのは本当に不思議なものだと思える出来事がありました。ひょんなことから会社のオフィスビル内のコンサルティング会社に勤務しているイギリス人アレックスと知り合いになり、ランチ友達になりました。ある日、待ち合わせをして会社近くでディナーした後、どういうわけか盛り上がってしまい、互いの家が近い新宿のバッティングセンターに行こうよということになりました。お菓子とジュースを買って、歌舞伎町のバッティングセンターへ(笑)。なんか、学生みたい!
d0235123_0121238.jpg
休日にラグビー部のキャプテンをしているアレックスはやはり運動神経がいいので非常にヒット率が高く、一方私は初めてと言っていいほどだったので、全く当たらずアレックスの指導を受けることになりました。最後やっとヒットを出した時には私の悲鳴とともにバットが飛んでいってしまいました!
心から笑えてときめいて、フッと肩の力が抜ける思いがしました。

ところで婚活中だというアレックス。やはり超独身貴族であります。
話していると「これはDeal??いやいや、私はNegotiationしていなから、Due Diligenceといってもいいんじゃないの!?」と思うくらい算定評価されている感たっぷりあります。結婚に関わる質問を矢継ぎ早にされたり、ラグビー仲間を紹介されたり、アレックスの友達である外国人駐在員たちの会に呼ばれたりして、多方面分析をされているのがとても良くわかりました。
正直なところ彼は私が初めて素敵だと思った外国人男性で、アレックス王子のWaiting Listに記名しておこうかとも迷ったけれども・・・
外国人男性との恋愛(って始まってもいないけれど)は妄想してみるに、マインドは非常に合うと思ったのですが私にとってはハイリスクであるということを悟り、二の足を踏んでしまうのでした。もし話が進んだ時に私が失うものが多すぎます。なんて考えてしまうということは私もそこまでということなのかな。捨て身の恋なんてこの歳でできるのかしら・・・!?
彼と知り合って思ったのは、私は婚活において自分に嘘をついてきたのではないかということです。これを実感できたのは本当に大きかったと思います。
10年前くらいにアレックス王子と出会えていればよかったかなと思いました!
Let's stay just be a friend!!

3. ミキに再会
ニューヨークで出会えた親友のミキが日本に出張してきていて、会社帰りにご飯食べに行ったり、一緒にお泊まり会したりしていました。短くて忙しい出張期間に何回も会えたのが本当に嬉しくて、最近お互いが考えていることのアップデート中心に語り合っていました。
ニューヨークに戻る前日は2人で記念に屋形舟に乗船。コースは品川→お台場→東京スカイツリー近辺で、東京の綺麗な夜景を海/川側から眺められました。やっぱり東京っていいなぁ♥しみじみと実感しました。
お天気にも恵まれ、非常にゆったりとした船の中で最高の日曜日の夜を過ごすことができました。
d0235123_11532423.jpg

4. 会社女子会
前の部署は1年半ほどしか在籍していなかったのですが、同じ担当の女子とは異動後も仲良くさせてもらっています(^_^)本当にありがとう!!
書き出したら色々あるのですが、私の悪いところの1つとしてAll or Nothingの発想があることなのではないかなと思います。(いきなりですが。)まさに前の部署から異動するときに自分のこの性格を認識して、反省しました。
何でも自分の尺度で判断して時期尚早に白黒ハッキリさせてしまうのは、勿体ないし可能性も狭めてしまうのだと実感しましたし、私はこういう性格だから今まで色々なチャンスも逃してきたのかなと振り返りました。
異動する時、みんなから色々温かい言葉を掛けていただいたのですが、そんな反省も内心あって、ちょっぴり涙してしまいました(^_^;)
やっぱり会社の人間関係から学ぶことは本当に多いですね!
そんなこんなで、月1回は開催している前の部署の女子会です。
この日は新橋のシーフードを中心としたスペインバルに女子5人で繰り出し、6時過ぎから12時までかなりロングランで語って飲み明かしました~!
d0235123_1254493.jpg
心からどうもありがとう♥

5. 親友お誕生日会
中高時代からの親友であるにゃーちゃんのお誕生日だったので、前から行ってみたかった恵比寿にあるフレンチを2ヶ月前から予約してみました。
フレンチとアートを融合させたという名店で、2人でシャンパンを傾けながらお祝いをしました。
ビストロ 間
d0235123_1295188.jpg
ご覧のとおり本当に美しい絵画のようなフレンチで、1皿ごとにあっという声が出てしまうほど面白い仕掛けがなされています。レストランサービスも素晴らしく、親友のお誕生日をお祝いするのに最適な環境でした!
高いレストランであれば相応の料理とサービスが提供されるのは必然ではありますが、こちらのレストランが予約待ち数ヶ月となってしまう理由のひとつに非常にコストパフォーマンスが良いということです。
次回は家族で訪れたいと思いました。

6. 2人で読書会
新しい部署では担当している海外企業のファイナンスとアカウンティングの仕事をしています。私にとって全く新しい分野であるため、1から勉強を始め、会社の帰りには時々丸の内で開催されている金融系のセミナーに行ったりしています。
そこでパネリストとして参加していた投資ファンドで働くたかさんと講演会後の名刺交換会でお知り合いになり、共通点としてスペインバル好き&読書好きということでお誘いいただき、早速次の週の金曜日にバル&2人で読書会を開催しました(笑)。
d0235123_12272166.jpg
広尾のバルでムール貝とカヴァを飲みながら、お互いの中学生時代から今までの話をしました。デートで通り一辺倒の一般論を話すより、どんなふうに今まで生きてきたかを話すとその人の人となりがよく分かりますよね。こういう一歩踏み込んだ話ができるデートが好きだなと思いました。あとフランクな場で投資ファンドでの仕事についてお話を伺うことができて、面白かったです。
そんなほろ酔い気分の時に、ひとつ隣のテーブルに会社の男性の先輩がいらっしゃることに気がつきました(爆)!!
普通だったら先輩とも2人で飲みに行く仲であるというか私のメンターといってもいいほどの方で、気がつかないふりというのもないなと思い、たかさんに許可をもらって声を掛けてみました。そして先輩の同行者の方と4人で少しお話して、数多くある東京のレストランで同じ日にテーブルに着いている奇遇に嬉しく思いました。たかさんも先輩にご挨拶(^_^)
そして2次会は近くのバーでこの日のテーマであったラッセルの「幸福論」について飲みながら語っていました。この本は不幸とは何か/幸福とは何かという2章立てなのですが、どちらの章から読み始めるかはそれぞれの性格の違いかなと思いました。たかさん、お付き合い下さってありがとうございました☆
「かなちゃんって、相当変わっているよね」って何回言われたことでしょう~だって普通のデートじゃ、つまらないでしょ(笑)。なんてね!
そしてバルで偶然会った会社の先輩からは、「あの彼、いいじゃない!」なんて後でメールをいただき、自分の頬が紅潮しているのはほろ酔いのせいか、先輩に婚活現場を見られた恥ずかしさからかわからなくなってしまうのでした(笑)。
別の日は夜、外苑前で待ち合わせして、大好きなShared Terraceへ。平日夜の外苑前は休日とは大きく違って、ほとんど人がいなくて、しんと静まり返っています。そんなところでワインを傾けながら・・・

ただしこの人は相当競争率高いのがお話していてムンムン漂ってきました。そもそも結婚する気はあるのでしょうか!?
でも結婚の話なんて「焦っている女」アピールとなってしまい、絶対に聞けないものです。
d0235123_12551240.jpg

夏が近くなるにつれて日が伸びて、若葉の香りが鼻を伝い、肌をなびく夜風はもう初夏でした。

こんな私ののらりくらりの日々の日記でした(^_^)
4月から今までのダイジェストでしたが、毎日考えていることを凝縮してみました。

それにしても婚活は疲れるものです。先日なんてインターネットで「婚活 疲れる」なんてワードで検索してしまったほど(笑)。
こうやって色々な人とお出掛けするのは私の本望と思われがちですが、実は違うんですよね。
落ち着いたステイタスで、昔からの友人や家族と一緒に過ごしている時間が私にとっての幸せなので、毎回初対面に近い色々な男性と会ってDue Diligenceとも言うべき算定評価の対象にされてしまうのが疲れてしまうのです。「あれ言ったら、引かれてしまうかも」とか「ニューヨーク駐在していたことは驚かれるから今の段階では秘密」とか毎回発言を深く考えて、セルフマーケティングなるものにまで考えを及ぼして・・・1つ言えるのは悲しいかな私は女子力が非常に低いということです(泣)

これをどう挽回していくかがこれからのテーマです(*ToT)(T_T*)!!
こんな私に幸せは訪れるのでしょうか・・・はぁ。。。

↓ブログランキングに参加しています。よろしければ下記のアイコンのクリックをお願いいたします。

にほんブログ村 OL日記ブログ キャリアOLへ
にほんブログ村

by kanagourmet | 2015-06-21 13:25 | 婚活 | Comments(6)

通訳ガイドに目覚めるの巻

西表島での素晴らしい出会いはなんと滝壺ででした。
私が滝壺に飛び込もうとして岩を登っていたら、後ろから同じように登っていたのが、なんと白人女性!
こんな日本人でもほとんど行かないような秘境に外国人!?と思って話しかけてみたら、とてもノリの良いアメリカ人のお母さんでした。娘さんが那覇のArmyで働いているので、会いにミネアポリスから来て一緒に沖縄を旅しているとのことでした。

こんなところで、奇遇だわ♪
d0235123_21504898.jpg

そして滝壺に飛び込んでからもお母さんと話していたのですが、これから初めての東京に家族で観光に行くとのことだったので、「それなら一緒に東京で遊ぼうよ!」ということになりました。(なんてオープンマインドな私♥)
滝から上がってからはご家族の輪に入れてもらって話していたのですが、なんとなく波長が合うというような感じで、娘さんのKellyは私と同年代とのことで、意気投合して「See you in Tokyo!」ということでナーラの滝前で一時的なお別れをしました。

そして、私が東京に帰る日に西表島から石垣島までのフェリーに乗ろうとしていたら、偶然にもそのご家族に再会!!最終日は石垣島で一緒に過ごすことになりました。

なんて・・・前の日記には書いていなかったのですが、そんな素敵な出会いが西表島であったわけです♪

ご一家が東京に来てからは毎日一緒に過ごす日々♥
会社が終わったらすぐに会いに行って終電までハングアウト!そして休日は朝から晩まで一緒に遊ぶという大変濃い5日間でした。東京ではKelly一家にKellyの友達であるRachelleも合流して5人で行動していました。3人娘のノリがとっても合うんです♥そしてパパとママの間にいると、なぜだか落ち着く感じがするのです。本当に最近知り合ったとは信じられないほどの距離感でした。
休日は私の家に4人が遊びに来て、それから明治神宮へ。
宝物殿に行って、明治時代の歴史についてみんなで鑑賞しました。色々歴史や文化の質問を受けるのですが、カタコトとなってしまいきちんと説明できないのがなんとも残念な限りです。

近くに住んでいるのにも関わらず、宝物殿には初めて来ました。
d0235123_2302655.jpg
明治神宮の本殿は驚いたことに来場者のおそらく7割程度が外国人でした。超インターナショナルな環境です。
拝礼の前に行う手水舎では、外国人の皆さんはなんと柄杓でお水を飲んでいました(苦笑)。分からないからそうなってしまいますよね。
手を洗ったり口をすすいで身を清める場所だよと教えてあげたら、私の真似をしてみんな手を洗うようになりました。
d0235123_2373097.jpg
本殿では春の大祭ということで浄瑠璃が上演されていました。日本人でもなかなか見ることができないですよね。最高の晴天の中、日本の伝統文化に触れられました。
d0235123_2393620.jpg

それから原宿の竹下通りでお買い物をして、渋谷へ。
どうしてもスクランブル交差点が見たいとのことで、「なんて整然とした光景なの!こんな大勢の人が律儀に信号待ちして、一斉に交差して歩き出すなんて!!」と感動しておられました。
d0235123_2154250.jpg

d0235123_2273836.jpgハチ公の銅像も見て、ハチ公ストーリーを説明してみました。
Hachi-ko is the dog known for waiting at Tokyo's Shibuya Station for his master to return from work.Even after his master's death, Hachi-ko went on waiting for him for almost ten years. He is very loyal to his master.
なんて、もっと感動してもらえるように説明できればよかったけれど・・・(^_^;)

そして最も人気が高かったのが、こちら。
d0235123_2251236.jpg渋谷駅前でずっと微動だにせず両足広げて腕を組んで独り言を言っている日本人男性がいました。みんな「この人どうしたの?なんでこんな格好しているの?」と私に聞いてくるのですが、私もわかりません。(きっと何かのご信念があって、ずっとこうしているのだと思うのですが・・・)そしたら歩いていた外国人男性たちがこの男性の後ろに行って、同じポーズをして大盛り上りで周りの笑いを買っていて、通行人による写真撮影タイムが始まりました。日本人なら黙って素通りなのに、この外国人男性たちのユーモアと言ったら!
この腕組んでいる日本人男性のことをKellyが「私の新しい彼氏なの♥」と言ってきたので、私は「さっきは言えなかったけど、実はあの人私の彼氏だから取らないでくれる!?」なんて言ってみんなでまた大笑いしてしまうのでしたー(笑)
夜景が見たいとのことでお台場と品川のバーにも行きました。
一緒にいると私も外国人で東京観光をしているような気持ちになってとても新鮮です。
最後の夜は送別会ということでうちの両親も来て、2家族合同でお食事会をしました。英語が全然話せないけれど、気持ちだけは外国人なうちの両親は筆談とボディーランゲージで会話をしていて(!?)また違った意味でコミュニケーション能力が高いなと思いました。パパ同士、ママ同士も意気投合して大宴会は11時近くまで続くのでした。
沖縄の西表島から始まって東京まで5日間、楽しい思い出を本当にどうもありがとう!!
なんだかみんなが東京を離れてしまうとポッと心に穴があいてしまうような気がして、無性に寂しくなるのでした。たった5日間だったけれど、全くそんな気がしなくてずっと前から知り合いだった気がしました。

またお会いできる日まで・・・
d0235123_22481165.jpg

ところでこの5日間で外国人向けの観光ガイドの楽しさに味をしめてしまった私。海外生活していた時の感覚も生かせるし、何より日本を紹介することに新鮮さを感じて東京を観光客視点で見られるということが非常に楽しく、さらにはおもてなしの心で案内をして外国人に喜んでもらえることに非常にやりがいを感じました。もともとボランティアをやっているけれど、この通訳ガイドは今後私がやりたいことに限りなく近いということも大きく影響し、この資格を取りたいと思いました。

単独沖縄旅行から思いがけない収穫を得ることができて、幸せを感じました。

↓ブログランキングに参加しています。よろしければ下記のアイコンのクリックをお願いいたします。

にほんブログ村 OL日記ブログ キャリアOLへ
にほんブログ村

by kanagourmet | 2015-06-06 23:00 | 趣味・自己啓発 | Comments(2)