カラフルな週末

最近会社帰りで時間があるときは飯田橋から自宅まで歩いて帰っています。
神楽坂周辺の路地を曲がってみると、こじんまりとしていながらも絵になる風景があるので、カメラ片手に観光客のように写真を撮ってしまいます。
d0235123_01111233.jpg
ちょっと、早くない(笑)!?
d0235123_01111836.jpg
d0235123_01111576.jpg
ここは日本ではなくて、「パリです」といっても通じるかな!?
d0235123_01112126.jpg
ジャズカフェ
d0235123_01112648.jpg

d0235123_01112422.jpg

帰宅するとコンシェルジュデスクには端午の節句に合わせて兜が飾られていました。外国人駐在員が多く住んでいるので、説明文も2カ国ご表記です。そういえばもう5月なんですね。あと2ヶ月で今年も半分を過ぎてしまうかと思うと、本当に早いです。
d0235123_01153279.jpg


土曜日は私が通っているテーブルコーディネイト教室でフラワーアレンジメントのパーティーがあったので、旦那と参加しました。

入口に飾られていた八重桜
d0235123_01154131.jpg
d0235123_01153844.jpg
d0235123_01154916.jpg
いつもこんな空間でテーブルリネンを先生たちと選んでレッスンを受けています。創造的でとても楽しいです!
d0235123_01154308.jpg
もう、ひまわり!?
d0235123_01155594.jpg
d0235123_01154695.jpg
そろそろ次回のレッスンの課題制作に取り掛からないとです。
d0235123_01155287.jpg
パーティーのあとは、丸の内に行って現在三菱一号館美術館で開催中の「ナビ派展」を鑑賞しました。ナビ派とは1890年代にパリで結成された前衛的な芸術家たちのグループで、装飾性と表現性を持った美術と言われていて、中には日本の浮世絵の影響を受けた画家もいました。そのため展示には西洋絵画の屏風などもあり、私からすると奇をてらったような、型破りな美術に思えました。
私はナビ派の中心人物だった、ポール・セリュジエの絵画が前から大好きで、下記写真の「護符(タリスマン)」が鑑賞できたことがとても嬉しかったです。これは森と川を描いた作品なのですが、彼独自の表現性が当時の画家たちから熱烈な支持を得ていたました。
d0235123_01234754.jpg
鑑賞後は雨が降ってきてしまったので、雨宿りに入ったカフェがとても雰囲気がよかったので、そのまま旦那とディナーもして、のんびりと窓の外の雨を眺めながら、静かな土曜日の夜を過ごしました。
d0235123_01385589.jpg


by kanagourmet | 2017-04-24 01:44 | 日常 | Comments(4)

Commented at 2017-04-29 18:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kanagourmet at 2017-04-30 20:17
> みやっこさん
こんにちは!確かにおっしゃるとおり、普通じゃない人生を歩んでいるかもしれません(^_^;)
私も全く予測していなかったので、振り返ってみるとぶっ飛んでいるなとも思います。
ところで相談所にご興味があるとのことですが、それはとてもよい選択なのではないかと思います!頂いたコメントが途切れてしまっているので、もしこのコメントをご覧になっていたら改めてコメント欄にご記入いただけますでしょうか。よろしくお願いたします。
Commented at 2017-05-01 10:42 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kanagourmet at 2017-05-04 01:54
> みやっこさん
こんばんは!そうですね、私の場合は七転び八起きかもしれません(苦笑)
みやっこさんのコメントを拝見すると今は少々お辛い時期かもしれませんが、全然こだわる必要はないですよ!私もその経験がきっかけになったので!!
応援しております!