個人輸入のススメ

※タイトルを「ニューヨークからのお取り寄せ」から「個人輸入のススメ」へと変更し、一部内容を追記しました。追記部分は「4/24追記」と記載しております。

日本にいてもニューヨークにいた時と同じように買い物ができるなんて思ってもいませんでした。
ある日ニューヨークでの買物が懐かしくなり、好きだったブランドのサイトを眺めていたら、なんと日本への配送を行っていることを発見し、それから個人輸入がマイブームとなってしまいました(^_^)

今ちょうど新居づくりをするべく、旦那とインテリアの選別にどっぷりと浸かっているのもあり、アメリカのインテリアブランドから色々購入してみました。

今回の日記は個人輸入について書いてみたいと思います。
私が色々購入してみて、一番オススメできるアメリカのブランドはwest elmです。このお店はモダンな家具や雑貨を販売しているお店で、マンハッタンではアッパーウェストにありますよね。足繁く通っていました。

d0235123_22064439.jpg
d0235123_22064832.jpg

オンラインでは大型家具から小物まで、店頭に置いてある商品とは比較できないくらいの商品数から購入することができます。

d0235123_22070033.jpg
日本では柄物のカーペットがなかなか見つかりません。あったとしても驚くような価格なので手が出ません。でもwest elmではこのようなモダンなカーペットが$300程度で手に入ります。

私たちの新居作りはこのブランドをモデルに今も継続中です!
d0235123_22063781.jpg
早速上の写真のカーペット2点と真っ白のベットカバーを買ってみましたが、前者は非常にしっかりとした縫製であり、さらにこのおしゃれなデザインでリビングと旦那の書斎がパッと明るくなりました。後者は素材がオーガニックコットンなのですが、非常に軽く、作りもしっかりしていて寝心地がとても良かったです!

west elmは海外からの購入でもカスタマーセンターの方々が非常に親切で、何かメールで質問しても即日回答なので、距離と時差を感じませんでした。(アメリカでは珍しいほどのお客様第一主義です。爆)

オンラインで日本から購入する方法はwest elmトップページの左上にある「Ship to:」から「Japan」を選び、Updateをクリックすると、すべて日本円での表示となります。それでカートに追加して日本の住所を記入すれば(※)Border Freeというeコマースのサイトに自動接続となり、その会社から航空便で配送になります。商品にもよりますが大体1週間くらいで届きます。

※Border Freeの個人情報入力フォーマットは日本語で書かれているのですが、アメリカで配送手続きを行うことを考えれば名前と住所は英語で書くことをおすすめします。

d0235123_22391344.jpg


そして次にオススメなのが、女子であれば皆大好きなAnthoropologieです。アメリカ各地にあるこのお店は、どこに行っても女子の夢がいっぱい詰まっていますよね★
d0235123_22065603.jpg

とにかく可愛いです!私は特にここの食器が大好きなのですが、国際配送でも重厚に包装されているので、今まで一度も壊れて到着したことはありません。
最近買ったもの&買う予定のもの!
d0235123_22061537.jpg
こちらはオンラインで商品をカートに追加し、住所記入欄で配送先を日本に選択すれば良いです。

あとはアメリカ版ニトリといってもいいくらいなコスパ追求型のBed Bath & Beyondも日本から購入することができます。
ここはオンラインショップにアクセスすれば日本語でアナウンスが出てくるので、驚いてしまいます!

BUYMAのような海外限定モデルなど世界中の商品を購入できるソーシャルショッピングサイトもありますが、あれは確実に洋服&小物類を購入するのに適しています。さらに購入できる商品数も個人輸入するよりも圧倒的に少ないです。インテリアや大型ものを購入する場合は個人輸入しか方法はないと思います。

以上、色々個人輸入をしてみて感じたメリット・デメリットは以下のとおりです。

【メリット】
・日本にいながらアメリカの家具や生活雑貨、洋服が購入することができる。

・似たものを日本で購入するとしたら、デザイン性の高さや稀少性からかなり高価になってしまうものでもアメリカ価格で購入することができる。

【デメリット】
最終的に個人輸入で支払う総額は商品価格 + 送料 + 関税 + 消費税です。

・配送料がかかる
 これは最も懸念事項でした。目安としては先週リビングに一部だけカーペットを敷きたいと思い、購入したのですが(275cm×182cm、14kg)、大体送料は航空便で3,700円でした。これを高いととるか安いととるかは人それぞれですが、代用がきかないくらい気に入っているのであれば検討の余地はあるかもしれません。
(2017/4/24追記)
多くの場合オンラインで1回でオーダーしても保管倉庫が別々の場所だったり、大きさや重さが違う等で数回に分けて配送されます。その際の配送料は別々に配送されても一括購入で決済した時に確定した金額になります。(当たり前の話ですが、いざその時になると一瞬不安になるものです。何しろ日本の感覚からすると何が起こるか予測すら不可能なアメリカのサービスなので(^_^;))
例えばAとBという商品を一緒に購入して、配送料は2つで7,000円でした。けれどAだけが先に届き、配送料は5,000円でした。Bが届くときまた同じ配送料を払わなければいけないのかと心配になりますが、その心配はなく配送料はその残りの2,000円ということです。

・関税がかかる
関税の計算方法は商品総額 x 軽減税率 (2017年現在60%)x 関税率です。
商品総額の60%に対して関税率がかかり、関税率は商品によって異なります。目安としてこちらをご確認ください。
関税は自動的にオンラインショップで計算されて基本的に商品決済時に送料と一緒に徴収されることが多いです。
(2017/4/24追記)
先に記載のカーペットは商品単価が日本円換算で41,195円だったので関税および税金は4,772円でした。

・サイズに要注意
ご存知のとおりアメリカと日本の単位表記は異なるので、日本表記に換算してから購入しないと、到着してビックリということになってしまいます。

アメリカでの買物が忘れられない!という方は是非試されてみてください。買わなかったとしてもホームページを見ているだけでも楽しいので、覗いてみてくださいね。

拙宅は住人たちは言うまででもないですが、室内までもがアメリカかぶれしてきました(^_^;)

by kanagourmet | 2017-04-19 23:36 | 趣味・自己啓発 | Comments(2)

Commented by あきゃん at 2017-04-20 10:26 x
このカーペットの柄、すごく好みです☆
素敵なブランドですね。
前、ヘンリベンデルのオンラインショップがどこでも
送料無料と書いてあったので購入チャレンジして
みましたが、関税がかかるのを知らなくて、
思ったより高くなってしまったのを思い出しました。
でも、世界中の欲しいものが現地価格で自分で直接買える
世の中になったんだなーと感動しました 笑
Commented by kanagourmet at 2017-04-23 22:25
> あきゃんさん
ありがとうございますー!なかなか柄物で大胆なカラーのラグって日本ではないんですよね(^_^;)アメリカのものが日本から直接オーダーできるなんて思っていなかったので本当に便利な世の中になりましたよね!