~婚活日記④~忘れられない握手

さて、実際に活動を始めてみて、私の場合初月にお見合い希望が来たのは4人からでした。

自分にお見合いの申し込みが来るなんて思ってもいなかったので、私としてはかなりの快挙です!!もちろん私は全員と会うことにして、それぞれの自己紹介書を丹念に読みました。自己紹介書もそれぞれ個性がとても強く出ており、さらに思ったのが結婚への熱意が強い人は読むだけでその気持ちが伝わって来るのだということでした。


どんな人が登録しているのかと思われる方もいるのでプライバシーに考慮しながら書いてみると・・・(職業&趣味=人柄ではないですが、ここでは登録されている方々を端的に書くためにこの2つをピックアップして記載しました。)


①外資系某企業の若部長&ファッション、サーフィン、海外旅行

②デザイン事務所勤務の建築家&絵画鑑賞、テニス

③アジア某国駐在商社勤務(ここの相談所では海外駐在員向けサービスも充実していて、一時帰国中にお見合いをセッティングしてくれるようです。遠距離恋愛前提となりますが、実績は多数あり、いきなり新婚で海外生活が始まります。)&ワイン

④メガバンク銀行員&海外旅行、バレーボール


日々の生活ではなかなか接点がない方々ですが、結婚相談所を介せば、まず第一段階で相談所の方のスクリーニングがかかっている上でさらに基本情報、経歴そして家族情報まで全て事前に知って会うことができるので、とても安心だと思いました。

私は迷うことなく、自己紹介書を読んで熱意を感じた①から④の方から順にすぐさまお見合いの予定を組むことにして、週末の日曜日ランチ、次週の金曜日ディナー、土曜日ディナー、日曜日ランチでお会いすることにしました。


初めてのお見合いの前日夜は本当に緊張しました。

着ていくワンピースを選んだり、ない頭をひねり出して考えた3分間自己紹介の確認、そしてお見合いのイメトレ(笑)などを行いました。とにかく思ったのは、「不思議ちゃん」と思われたくないし、よく自分をわかってもらえなくて断られてしまうほど残念なことはありません。念には念を入れて等身大の自分をそのまま知ってもらいたいと思い、とにかく一生懸命でした。

初めてのお見合い相手の方ですが、自己紹介書を見ただけで、インスピレーションというのでしょうか、物凄く自分に合う方なのではないかと思いました!!出身地が同じ市で、お誕生日も3日違い(あまり関係ないかもしれませんが・・・笑)、さらに自己紹介書に書いてあるマインドが自分とぴったりだったからです。さらに書面からこの方はアメリカ人みたいだと思いました。新卒以降ずっと外資系企業に勤務しているため、白黒はっきりした合理的な性格の持ち主であることが伺い知れ、さらに様々な経験を積まれているようなので性格に柔軟性がある方なのではないかと思いました。自分の話をしても引かれなさそうだと思ったので、初めてのお見合いの相手として自分がたくさん準備してきたことが発揮できる機会なのではないかと考えました。


(今は亡き、ひとり暮らしの家。この時はしどろもどろであたふたしていました・・・(^_^;))


d0235123_23162244.jpg


さて、お見合いの場所はコンラッド東京の懐石レストランにてでした。

秋晴れの晴天の中、眼下には浜離宮の、優雅な空間が広がっていました。

ついついちょっとワインでも飲んで羽を伸ばしたくなってしまうシチュエーションですが、絶対ダメです!ここは私の面接会場なのです!!


d0235123_22440095.jpg


し早めに到着して周りを見渡すと同年代の正装した男女が11で名刺交換をしたり、ぎこちなさそうに話しているのが見えたので、私が全く今まで足を踏み入れることのなかったお見合いという世界は実は日常茶飯事にこうして営まれているのだと思いました


そして待ち合わせ時間になって私の目の前に現れた男性を見て、「嘘っ!!」と思いました。

事前に拝見したお見合い写真とは全然違って「ガングロ、ワイルド系」だったからです!!d0235123_22440339.jpg

なんとなくお見合いのイメージとしてはメガネかけて、白シャツにネクタイをきっちりと結んでスーツを着た、杓子定規な感じの男性が来て、お互い緊張のあまり、どもりながら「ご趣味はなんでしょうか。」なんて質問し合うことを想像していたからです。(これはテレビドラマのイメージでしょうか(^_^;))


まずは名刺交換をしたあと先方から5分間ほど自己紹介があり、私も3分間自己紹介をしました。(やっぱり準備して行ってよかったです!)とにかく緊張しました!!

その後供された懐石コースをいただきながら「1次面接」は「エントリーシート」に沿って行われ、詳細な経歴の確認、趣味、家族についてお互いに話しました。完全に就職活動の面接みたいでした。緊張していたため何を食べたかさっぱり今でも覚えていません(^_^;)


事前に拝見した自己紹介書の中身がとても濃かったので、私も色々質問をしていたら2時間のお見合い時間があっという間に過ぎようとしていました。

けれど時間を忘れてしまうくらい、お互いまだお話し足りなくて、帰る気配は全くなく、2時間を過ぎたあたりからフレンドリーな雰囲気が互いに出てきました。そして最近出かけたレストランや楽しかった場所について話し始めたら、「あの場所もその場所も一緒に行きたいですね」ということになり、「今日はかしこまった場でお互い緊張してしまったので、これからは毎週会ってラフな感じで一緒に過ごしましょう。」といきなり話が飛躍しました。


(かなこ、心の声)「えっ!?毎週会うってことは付き合うの!?でも私、これから毎週お見合いするつもりだったけど、それは後回しにしちゃってもいいかも!」


それからデートの予定などを2人で考えていたらあっという間に時間が過ぎてしまい、レストランのランチ終了時刻を迎えてしまったので、後ろ髪引かれながらもお開きにすることになりました。


(かなこ、心の声)「なになに!?これがお見合いなの!?」


レストラン出口のところでお相手から「今日の歓談の結果は私としては交際希望で出させてもらいます。かなこさんのお気持ちはいかがですか?」とストレートに言われたため、私ものその場で「こちらこそ是非よろしくお願いします。」と頭を下げて、こんなで良いのでしょうか、その場で「一次面接合格」しました!!


そして再会を約束して握手をしたのですが、この時衝撃が・・・。


お相手と握手しただけなのにその感触が全く体験したことのない特別なものでした。今までささくれていた心が一気に潤い、滑らかになっていくような感覚がしたのです。


例えて言うなら、1年前に観た映画「マイ・ブルーベリーナイツ」の主人公のノラ・ジョーンズが恋に落ちるジュード・ロウに出会った時の映画描写(乾いたブルーベリーパイに甘いバニラアイスクリームがとろけていくシーン=傷心の主人公の心が出会いによって元気を取り戻すことが喩えられている)が脳裏に蘇りました。まさに実際私もそんな感じがしました。


(まさにこのシーンです。前にこの映画を見た時に印象的で撮影しました。)

d0235123_22440767.jpg

(かなこ、心の声)「何なの!これ!?」


その時思ったのは「この人と私は心から分かり合えるかもしれない」ということでした。


帰路ではお見合い中に話した内容よりも最後の握手が忘れられず、私は何度も思い出してしまいました。そして自然と「あの人と上手くいったらいいのにな」と思い、たまたま通りかかった愛宕神社でお参りして帰るのでした。



[PR]

by kanagourmet | 2017-01-27 23:26 | 婚活 | Comments(8)

Commented by みみ at 2017-01-29 22:27 x
かなこさん

いつも楽しくブログ拝見させていただいております。

今回のお話はとてもロマンチックで素敵だと思い、思わず書き込ませていただきました。

きっとかなこさん、握手した瞬間に恋に落ちられたのですね。
女性の「生理的感覚」とはとても不思議で、理屈ではないけれど覆せないものですよね。これはきっと男の人には理解できないのだと思います。

活動を始めて初回でそのような人に出会えたのは、本当に「運命的」ですね!
続きのお話を伺えるのを楽しみにしております。
Commented by kanagourmet at 2017-01-29 22:48
> みみさん
コメントをありがとうございます!!言うまでもなくこの人が旦那になった人です。これが俗に言うビビビというものなのでしょうか(笑)当初は頭でっかちに色々考えて婚活戦略とか言っていましたが、結局はビビビと言いますか、フィーリングが一番だったということですね!超スピード婚までのいきさつはこれから日記に書いていきます。またこれからのよろしくお願いいたします(^_^)♪
Commented at 2017-02-10 08:06 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kanagourmet at 2017-02-11 18:54
> Kaoriさん
コメントをありがとうございます。NYからお帰りなさい!おつかれさまでした。今はすごく寒い時期ですよね。NYでこのブログを思い出してくださったなんて、大変嬉しく思います(^_^)
ところで最近終了したばかりだから思うのかもしれませんが、婚活は人生で最も大事と言っても過言ではないかもしれないです。就活は転職で会社を変えることはできますが、結婚は通常死ぬまで続くので、やはり重大な決断ですよね。
私にまでお気遣いをどうもありがとうございます。ブログで結婚相談所を宣伝する予定ではないので、敢えて相談所名は書いていないのです。もしご興味がありましたらコメント欄を非公開してメールアドレスを掲載いただければ、私からメールをさせていただきますね。
かおりさんにとって婚活が楽しくご希望に添ったものになることをお祈りしております!
Commented at 2017-02-12 06:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kanagourmet at 2017-02-12 12:35
> Kaoriさん
そうなんですね!何がきっかけで婚活を本格的に始めることになるかは人ぞれぞれですよね。私が入っていた結婚相談所については改めて別の記事にしたいとは思っているのですが、相談員の方に言われてすごく心に残った言葉があります。それは「何か挫折経験とかがあったあとに相談所に入る人が最も成婚率が高い」ということでした。私はまさにそれに該当するのですが、幸せになりたいという気力と少しの努力で開ける道もあるのだということでした。
ちなみに挙げていただいた相談所ではなく、中規模なところで、とても入会者に対してのポリシーが厳しい、ある意味頑固な相談所なんですけどね(^_^;)別途メールさせていただきますね!このブログで元気をもらっていたなんて、本当に恐縮です。大変嬉しく思います。これからもよろしくお願いします!
Commented at 2017-05-03 22:50 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kanagourmet at 2017-05-04 01:57
> かおりんさん
こんばんは。そんなに長く読んでくださってどうもありがとうございます(^_^)
私に対してお持ちのイメージは全く正反対で、本当にお恥ずかしい限りです。自分の欠点ばかりに目がいってしまって、本当に嫌になってしまいます・・・。
メールの件、了解いたしました。かおりんさんのご活動を応援しております!