2015年大掃除日記

年末の大掃除!!
今日は早朝から「今年の汚れ今年のうちに」をモットーに、1日中大掃除に励みました。
書類・郵便物→本棚→食器棚→食料・調味料→クローゼット3つ→水回り→フローリング磨き・・・
途中からマンションの修繕係の方にも来てもらい、不具合気味だった箇所も直していただきました。
日頃の掃除は及第点かもしれないけれど、大掃除となると私は落第していることがよくわかりました。収納術を学ばないと、またすぐに元に戻ってしまう気がします。

また懐かしい手紙やなくしたと思っていたものがこういう時に出てきたりして、大掃除していてつい手が止まってしまうことも。

本棚を整理していて2015年に読んだ本をレビュー。
d0235123_2302851.jpg
しっかり読んで色々考えていたのにブログにできていなかったのが残念な限り。来年はきちんとブログに残しておこうと思います。

なので超簡単だけどここで簡単なレビューを!
・「エッセンシャル思考」 「この本はあなたの人生をすっきりさせるための片づけコンサルタントのようなものだ。」という筆者の言葉に合点がいきました。あれもこれもとなってしまいごちゃごちゃとなりがちなところに断捨離マインドを取り込み、本当に自分はなにをやるべきなのかという人生の選択の質を高めることができる良書でした。

・”How to read a painting” こちらはヨーロッパ古典絵画に的を絞った美術鑑賞本です。近年は自由に心で感じたままで美術鑑賞をしていたのですが、やはり基本として鑑賞方法も見直しが必要なのではないかと思い、アメリカで購入した本を引っ張り出してきてちょっとした復習を!ヨーロッパ中世の時代にタイムスリップしたように現実逃避ができました。

・「経営分析の基本」 これは今の部署に配属になって財務知識がゼロであったため、焦って手にした本です。非常にわかりやすく、財務三表から会社の業績を分析できる知識が身に付くので、会社でも資料を読みながら片手でめくっているほどの大事な本です。

・”How Google works” グーグルの成長と成功を支えている核心は、その文化であると断言されていて、これはよりイノベイティブにクリエイティブにというブレない視点を指します。これらに即した失敗は奨励され、多くの新しい失敗することが学び、成長する唯一の道であることを組織文化として捉えられています。私は減点主義ではなく加点主義経営であるところに成長の鍵があるのではないかと思いました。

・「食べる美容辞典」 アンチエイジングを高価なクリームに頼るのではなく、日々の料理を工夫して栄養を効果的に摂取しようと思い、手に取ってみた栄養学の基本です。普段何気に食べている様々な食材も栄養学の基礎知識があると食べ合わせを工夫したりと即役立つ良書でした。このため12月の飲み会シーズンでは健康維持のため貝、豆、きのこづくしのレシピばかりでした(^_^;)

・「現代の経営 上」 これは某女性誌から取材を受けるためにどうにかこうにか読んだ本(爆)。「ビジネス書にハマるOLたち」みたいな特集があって、読むことになった経営学の古典です。とても50年以上前に書かれた本だとは思えないほどに、現代の会社にもそのまま当てはまる記述ばかりでしたが、正直私には難しかったです。取材はそれらしくどうにかこうにか終わったため(´д`)、その後即座にドロップアウトしました(笑)

なんて、1冊づつ取り出しながら本を読みながら考えたことを思い出しながら本棚の掃除をしていました。
また100円ショップに行ってインテリア小物を買ってきて、お部屋やディスプレイ棚を飾り付けたり、楽しい時間♪

朝から晩までこんなマイペースな感じで掃除をしていて、先ほどやっと終了しました。
d0235123_23494014.png
私のお友達のゴリラちゃんには赤いリボン結んであげました。
d0235123_23435241.jpg
こっちのほうがかわいいね♥

にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

by kanagourmet | 2015-12-29 23:56 | 日常 | Comments(0)