2015年忘年会日記

12月は1年間お世話になった人たちとの忘年会がたくさん開催されて、それを通じてこの1年を振り返えられますよね!私が自分らしくいられる楽しい時間をみんなと過ごせました。
忘年会日記を通して2015年と最近考えていたことを振り返ってみたいと思います。

1. ギャル会同窓会@代官山&六本木
d0235123_2262250.jpg
恒例の中学・高校時代のメンバーと過ごす、大好きな時間♥
私が席に着くなり、ギャルちゃんたちから「ますますデブ」とか、はたまた「バカ」「あんたはいつまでたってもすっぴんだった」等々の野次が飛ぶのですが、私って実はいじめられてたっけ(笑)!?そんな自虐ネタで同窓会は始まり~!
今回は10人も集まって、代官山のイタリアンで思い出話で盛り上がりました。みんなとは近況を話すよりもあの時の話をした方が落ち着くよね。中高時代よく出掛けた渋谷での思い出とか本当に楽しかったです。茶髪にルーズソックスにミニスカ。懐かしいです(恥)。
今から思うと流行って怖いなとも思います(笑)。先日とあるファッション展に行ってきたのですが、日本のファッションの変遷を展示しているコーナーに1990年代後半のコギャルファッションが飾られていたのですが、今の感覚から言ったら、「ダサ・・・」って思いました。制服スカートにはダボダボの靴下よりも紺のハイソックスが合うし、茶髪なんて以ての外です!ワッフルヘアーとか(笑笑笑)あれら全ては一体なんだったんだろうと思いました。
今回は元祖ギャルの子たちも来ていたけれど、みんなお肌が白くなったものだわ(笑)!普通女子だとグループで群れる習性が多分あるのだと思うけど、私たちの場合はそんなことは関係なく、学年の誰と会っても気兼ねなく、仲良く話せて盛り上がるのが素晴らしい特徴なのかなと思います。やっぱりこの学校に通えてよかったー!
d0235123_213205.png
2次会はみんなで六本木のカラオケバーへ。
何人もの威勢が良い女子がお店に押しかけてしまい、懐メロ歌って飲んで騒いで、最後の方はもう動物園状態でした♪あまりに私たちが楽しそうにしているから、周りのテーブルからシャンパンの差し入れまで頂いてしまい、恐縮でした。でも遠慮なく「ありがとうございます!」ということで♥
私は1時で力尽きてみんなに内緒でこっそりと帰ってきてしまいました(^_^;)
後日親友にゃー子ちゃんのFacebookにこの日の出来事がアップされていて、みんなとの時間を通して「無償の愛」を感じたと書かれてありました。
確かにそうだね!大きい優しい気持ちで包んでくれるような友達たちがいて、私もI can't live without themだと思いました。大人になってもまっすぐで純粋な気持ちを持ち続けている私たち★

2. 海外駐在いってらっしゃいの会@松濤
社外講演会の名刺交換セッションで知り合った人がいて、話してみたら私が働いている会社とその人の会社はすごく似ている社風で同じ国際事業部に所属していることを知り、それから情報交換みたいなことをしている友達がいます。すごく勉強熱心で大学院に聴講生として通学もしていたり、自分でハッカソンや勉強会を企画したりとかすごくポジティブな友達です。こういう社外のコネクションもとても大事ですよね!
そんな友達が海外駐在に行くことになりました。
行き先はなんと、アフリカ!!
しかも職場は一番危険度が高いと言われる中央アフリカ諸国なのです。
d0235123_1483911.jpg

「1人で海外駐在する場合のマインドについて教えてよ」ということなので2人でじっくり語る送別会を開きました。
d0235123_2495070.jpg
正直なところ、私のニューヨークの経験がアフリカで役に立つのかは不明なのですが、基本的なマインドや現地への溶け込み方などは世界共通なのではないかと思い、数年前の記憶をたどりながら真面目に語ること4時間。上から目線な友達は「かなこってちょいちょいいいこと言うよね」なんて言ってくれました(笑)。現地で「点」をなるべく多く置いて、それを「線」でつなげていくことや、ギブアンドテイクの基本マインドについて主に語りました。
友達は頻繁にアフリカに行っており「中継地のドバイに到着すると日本に戻ってきたみたいに落ち着く」と言っていました。住むことになる国はマンションと会社以外はExtremely Dangerousと言われるエリアで、危機管理の話を聞いていて、私はゾッとしました。気持ちが落ち着く時がないです。
ドバイと日本も全然違うけど、そこまで危険地帯なら確かにドバイに戻るとホッとするのかもしれません。日本と真逆といっていいほど文化が違う地域で日本のものなんて全く手に入らない中で1人でやっていくのは本当に大変だと思います(>_<)
強気の友達だけどやっぱりこれからのことを考えて、少し弱気になっていたかも・・・誰でもそうなると思います。でも日本ばかり恋しがらないで、現地語も学んで友達もつくり現地化していきたいと強い意志を持っているところが素晴らしいなと思いました。仕事内容はその会社はアフリカ市場でシェアNo.1を誇るのですが、フランスの商社と協業してさらなる販路開拓をしていくとのことです。オリジナリティ性の高いきっといい経験ができるのだと思います。また数年後会った時にどんなお話が聞けるのか今から楽しみです。
I'm sure his endeavor will bear fruit!!

3. 家族の忘年会@四万温泉
今年は私がひとり暮らしを始めてから10周年でした。ひとり暮らしを始めてからというもの実家とはつかず離れずで、そんなに頻繁に会わないのですが、それぞれが独立していて友達のように仲が良くて両親とは非常にいい関係なのかなと思っています。両親は昔からずっとラブラブ♥
3人でローカル線に揺られて群馬の四万温泉まで。
d0235123_1423837.jpg
今年の忘年会の場所は清流館 豊島屋さんです。
里山懐石という地産地消のお料理をいただき、特に川ふぐやあんぽ柿、粕汁が美味しくて感動しました。目でも美しい料理に加え、フランスワインのサンセールパスカル・ジョリヴェをペアリングして、家族3人でとっても楽しいひと時でした。
d0235123_14354189.png
そういえばこの地域の冬の特産といえば下仁田ネギですよね。お鍋に追加してもらいたくて旅館の方にお願いをしようとしたら、「下ネタねぎください(∩。∩;)!」と口が滑ってしまい、母に「あらヤダ、この子ったら~」なんて言われてしまい、さらに爆笑ナイトでした。
思ったけれど、このクオリティの懐石を東京で食べたとしたらお酒も入れて大体3万円くらいしてしまうのではないかと思います(!)。けれど交通費はかかるけれど旅行すれば温泉もついてお釣りも来ると思ったら、すごくお得ですよね。もう今すぐにでも戻りたいくらいです。やっぱり日本はいいなと思いました。
帰りは地元の道の駅で新鮮野菜を買い込んだり、第一酒造さんの酒蔵にまで足を伸ばして、年末年始用にいくつか日本酒を買いました。
d0235123_1450916.jpg
仕込水は名水百選にも選ばれた佐野市の水で、関東平野の北端に位置する古生層から流れ出しています。口に含むとはんなりとした美味しさが口いっぱいに広がり、冬の凛とした寒さと静けさ漂う蔵の中で味わう一杯は至極の品でした。
どうりで!こちらのブランド開華はANAのファーストクラスで提供する日本酒に選定されており、後で知って納得でした。

4. クリスマスウィーク@自由が丘、恵比寿、銀座

みんな私がロンリーだろうと思って、この時期になるとLast minutesで連絡をくれたりします(爆)。
今年はいろいろな友達と過ごしました。
中高時代のにゃー子ちゃんとは自由が丘の昔懐かし、思い出のバーへ。まいとは私が今年見つけた大好きなスペインバルに行って、店長のわかちゃんに今年お世話になったご挨拶をしてきました♪
クリスマスに行った私常連のお店は、いつもと比べ物にならないほど激混みで、クリスマスを友達たちと過ごしている人達がわんさか来ていました。超美味しい名店でかつリーズナブルなので、1回行ってしまうと高確率でリピーターになってしまうんですよね(*^_^*)
d0235123_15244839.jpg
わかちゃんとまいと写真を撮りたかったのに、知らない人まで写りこんでくる状況(笑)。冬の寒さなんて吹き飛んでしまうくらいの熱気でした。
週末は短大時代のまきことニューヨークの友達であるYくんとお鍋ランチして、なんだかとっても心が落ち着く優しいひと時を過ごすことができました。ありのままで仲良くできる友達って本当に貴重だと心から思いました。

最後に私の2015年を象徴出来るようなディナーについて(^_^)
それは鴨鍋@六本木だったのですが、これはずっと私の心の中にしまって考えていたこと。すごく楽しみにしていた時間だったのに、超残念なことにその日は連日の疲れと風邪がたたってしまい、私のコンディションが悪くてタイミングが悪すぎて全然自分が出せませんでした(>_<)はぁ、私って運が悪すぎる!!
勝手に私が思っていることだけれど、来年はどうなっちゃうのかな。今年中に残念ながら挽回ができないので2016年に持ち越しです。でも今年たくさん笑って話せた思い出を考えるだけで、とっても嬉しいし、役に立ちたくてそのためにいつも前を見て頑張っていられる明るい自分でいたいなと純粋に思えることって本当に貴重なことだと思いました。尊敬とはとても大事な気持ちです。
半ば諦めていたけれど、こんな出会いがあった2015年は私にとってとても良い1年でした。

毎年思うけれど、1年前の自分が全然想像できなかったことが1年後には起こっていることが多くて、例えば今年は異動や出会いや色々チャレンジしたことは昨年の今頃は想像していなかったことです。
一つ一つの出来事から考えることや自分が向かうべき方向が見えてきて、言うなれば先日見た映画「食べて、祈って、恋をして」の主人公と同じような経験を旅行に行かずに日本で日々生活しながら体験できていたのかもと思ったりします。
来年の今頃はどんなことを考えているのでしょうか。今からワクワクします!

ありがとう、2015年!!
2016年もよろしくお願いいたします(^_^)

にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

by kanagourmet | 2015-12-27 16:17 | 日常 | Comments(4)

Commented by Kaori.I at 2015-12-27 16:55 x
こんにちは。
体調大丈夫ですか?
私もいつもカナコさんのブログ見ながら
がんばろう~と思っています☆

来年に持ち越ししてしまうこともあるかもしれないけど、年末にゆっくり考えるためのきっかけかもしれないですね!
また来年もブログ楽しみにしています!
素敵な年越しを~♪
Commented by kanagourmet at 2015-12-27 19:54
かおりさま
初めまして(^_^)コメントをありがとうございます。もう風邪は大丈夫です!
来年もよろしくお願いします??
Commented at 2015-12-28 13:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kanagourmet at 2015-12-29 19:17
ayuさま
初めまして!コメントをありがとうございます??そして、同じ学校だったなんて嬉しいです(^_^)青短は先生との距離も近くてとても良い学校ですよね!
最近さらにわたしん独り言日記になってきていますが、食・旅・お酒に関して面白いおはなしもこれから載せて行きたいと思うのでよろしくお願いします♪