忘年会ではなくて「望年会」

今年もお世話になりました!2014年!!

昔の人はよく言ったもので、「厄年」とは非常に合点がいく人生の通過点だとこの数年を通して実感してきました。

厄年について調べてみたら、ホームページでの解説は・・・
「特に男性の42歳、女性の33歳は大厄と呼ばれ、凶事や災難に遭う率が非常に高い。」と書かれていて、私も私の周りを含めて考えてみてもすごく当たっていると思いました(苦笑)。
女性の31歳~33歳をとなると、色々な人生イベントがあり、それとともにあらゆる制約や自分の限界を感じ、そして自分がしてきた選択への少しもの後悔が相まって、立ち止まってしまう時期があるもの。
これらを「厄年」の一言でとまとめてみるとすとんと腑に落ちるものがあります。

悩み多き仕事、一向にうまくいかない婚活、見えない将来に対する不安・・・等々考えてみるとたくさんあって、自分は一体何をやっているのだろうと自己嫌悪になることも度々あるのですが、それでも私は自分を諦めたくないです!!

2014年を振り返ってみました。
今年の私のテーマは「断捨離」でした。
以前は空っぽのスケジュール表が耐えられなくて、自分で予定をたくさん入れていたのですが、今は自分の今後につながることに力を注ぎたいと思っているので、「断捨離」をして必要なものに「資源投下」をするというシンプルイズベストな生活を送っています。
同年代のニューヨークメンバーは帰国後それぞれの新たな1歩を踏み出していて、起業、転職、2回目の海外駐在、ダブルワーク等々多彩なキャリアを開拓しています。
私はまだまだですが、ニューヨークの先生に言われたとおり、今の私は「人生の中で、料理の下準備をしている時期」だと思って、来年も引き続き美味しい味付けをして行きたいと思います。

昨日は幼馴染のにゃーちゃんと2人で今年を振り返りながらディナーをしていました。
「忘年会」ではなくて、「忘れちゃダメだよ、2014年。この経験を活かして2015年に望みを持とう!」という意味合いを込めて「望年会」としました。
彼女は学生時代からモデルの世界で生きているのですが、もちろん芸能界は超競争社会です。でもにゃーちゃんも驚くくらいOLの世界も芸能界に負けず「真実は小説より奇なり」と言える世界だったりします。
「普通に生きる」ことの難しさを33歳で実感しました。

さてさて、2014年の振り返りはこんな感じです。
・料理の腕が結構上がった(と思う!)。たくさん料理教室に通ってとても楽しかったです。
・夏休みにニューヨークに行って、Ireneと再会出来て本当に嬉しかったし、ニューヨークからパワーをもらえて本当に自分がやりたいことが見えてきました。
・それからは仕事をしながらもやりたいことに向かって少しづつ進めてきていると思いました。
・結婚につながるような出会いは残念ながらありませんでした。

2015年はこんなことをやってみたい!
・そろそろ自分の好きな仕事を形にしたいと思っています。本業はそのままで実現できる形を探っていきたいと思います。
・婚活を頑張ります(^_^)
・趣味の読書会や芸術鑑賞会に参加する。
・早いけれど夏休みはにゃーちゃんとパリに行くことにしました!

これからも自分の幸せは自分で見つけていきたいと思います♥
来年もどうぞよろしくお願いいたします!

↓ブログランキングに参加しています。よろしければ下記のアイコンのクリックをお願いいたします。

にほんブログ村 OL日記ブログ キャリアOLへ
にほんブログ村

[PR]

by kanagourmet | 2014-12-29 00:34 | 日常 | Comments(1)

Commented at 2015-01-07 17:37 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。