カラフルな週末

最近会社帰りで時間があるときは飯田橋から自宅まで歩いて帰っています。
神楽坂周辺の路地を曲がってみると、こじんまりとしていながらも絵になる風景があるので、カメラ片手に観光客のように写真を撮ってしまいます。
d0235123_01111233.jpg
ちょっと、早くない(笑)!?
d0235123_01111836.jpg
d0235123_01111576.jpg
ここは日本ではなくて、「パリです」といっても通じるかな!?
d0235123_01112126.jpg
ジャズカフェ
d0235123_01112648.jpg

d0235123_01112422.jpg

帰宅するとコンシェルジュデスクには端午の節句に合わせて兜が飾られていました。外国人駐在員が多く住んでいるので、説明文も2カ国ご表記です。そういえばもう5月なんですね。あと2ヶ月で今年も半分を過ぎてしまうかと思うと、本当に早いです。
d0235123_01153279.jpg


土曜日は私が通っているテーブルコーディネイト教室でフラワーアレンジメントのパーティーがあったので、旦那と参加しました。

入口に飾られていた八重桜
d0235123_01154131.jpg
d0235123_01153844.jpg
d0235123_01154916.jpg
いつもこんな空間でテーブルリネンを先生たちと選んでレッスンを受けています。創造的でとても楽しいです!
d0235123_01154308.jpg
もう、ひまわり!?
d0235123_01155594.jpg
d0235123_01154695.jpg
そろそろ次回のレッスンの課題制作に取り掛からないとです。
d0235123_01155287.jpg
パーティーのあとは、丸の内に行って現在三菱一号館美術館で開催中の「ナビ派展」を鑑賞しました。ナビ派とは1890年代にパリで結成された前衛的な芸術家たちのグループで、装飾性と表現性を持った美術と言われていて、中には日本の浮世絵の影響を受けた画家もいました。そのため展示には西洋絵画の屏風などもあり、私からすると奇をてらったような、型破りな美術に思えました。
私はナビ派の中心人物だった、ポール・セリュジエの絵画が前から大好きで、下記写真の「護符(タリスマン)」が鑑賞できたことがとても嬉しかったです。これは森と川を描いた作品なのですが、彼独自の表現性が当時の画家たちから熱烈な支持を得ていたました。
d0235123_01234754.jpg
鑑賞後は雨が降ってきてしまったので、雨宿りに入ったカフェがとても雰囲気がよかったので、そのまま旦那とディナーもして、のんびりと窓の外の雨を眺めながら、静かな土曜日の夜を過ごしました。
d0235123_01385589.jpg


# by kanagourmet | 2017-04-24 01:44 | 日常 | Comments(0)

個人輸入のススメ

※タイトルを「ニューヨークからのお取り寄せ」から「個人輸入のススメ」へと変更し、一部内容を追記しました。追記部分は「4/24追記」と記載しております。

日本にいてもニューヨークにいた時と同じように買い物ができるなんて思ってもいませんでした。
ある日ニューヨークでの買物が懐かしくなり、好きだったブランドのサイトを眺めていたら、なんと日本への配送を行っていることを発見し、それから個人輸入がマイブームとなってしまいました(^_^)

今ちょうど新居づくりをするべく、旦那とインテリアの選別にどっぷりと浸かっているのもあり、アメリカのインテリアブランドから色々購入してみました。

今回の日記は個人輸入について書いてみたいと思います。
私が色々購入してみて、一番オススメできるアメリカのブランドはwest elmです。このお店はモダンな家具や雑貨を販売しているお店で、マンハッタンではアッパーウェストにありますよね。足繁く通っていました。

d0235123_22064439.jpg
d0235123_22064832.jpg

オンラインでは大型家具から小物まで、店頭に置いてある商品とは比較できないくらいの商品数から購入することができます。

d0235123_22070033.jpg
日本では柄物のカーペットがなかなか見つかりません。あったとしても驚くような価格なので手が出ません。でもwest elmではこのようなモダンなカーペットが$300程度で手に入ります。

私たちの新居作りはこのブランドをモデルに今も継続中です!
d0235123_22063781.jpg
早速上の写真のカーペット2点と真っ白のベットカバーを買ってみましたが、前者は非常にしっかりとした縫製であり、さらにこのおしゃれなデザインでリビングと旦那の書斎がパッと明るくなりました。後者は素材がオーガニックコットンなのですが、非常に軽く、作りもしっかりしていて寝心地がとても良かったです!

west elmは海外からの購入でもカスタマーセンターの方々が非常に親切で、何かメールで質問しても即日回答なので、距離と時差を感じませんでした。(アメリカでは珍しいほどのお客様第一主義です。爆)

オンラインで日本から購入する方法はwest elmトップページの左上にある「Ship to:」から「Japan」を選び、Updateをクリックすると、すべて日本円での表示となります。それでカートに追加して日本の住所を記入すれば(※)Border Freeというeコマースのサイトに自動接続となり、その会社から航空便で配送になります。商品にもよりますが大体1週間くらいで届きます。

※Border Freeの個人情報入力フォーマットは日本語で書かれているのですが、アメリカで配送手続きを行うことを考えれば名前と住所は英語で書くことをおすすめします。

d0235123_22391344.jpg


そして次にオススメなのが、女子であれば皆大好きなAnthoropologieです。アメリカ各地にあるこのお店は、どこに行っても女子の夢がいっぱい詰まっていますよね★
d0235123_22065603.jpg

とにかく可愛いです!私は特にここの食器が大好きなのですが、国際配送でも重厚に包装されているので、今まで一度も壊れて到着したことはありません。
最近買ったもの&買う予定のもの!
d0235123_22061537.jpg
こちらはオンラインで商品をカートに追加し、住所記入欄で配送先を日本に選択すれば良いです。

あとはアメリカ版ニトリといってもいいくらいなコスパ追求型のBed Bath & Beyondも日本から購入することができます。
ここはオンラインショップにアクセスすれば日本語でアナウンスが出てくるので、驚いてしまいます!

BUYMAのような海外限定モデルなど世界中の商品を購入できるソーシャルショッピングサイトもありますが、あれは確実に洋服&小物類を購入するのに適しています。さらに購入できる商品数も個人輸入するよりも圧倒的に少ないです。インテリアや大型ものを購入する場合は個人輸入しか方法はないと思います。

以上、色々個人輸入をしてみて感じたメリット・デメリットは以下のとおりです。

【メリット】
・日本にいながらアメリカの家具や生活雑貨、洋服が購入することができる。

・似たものを日本で購入するとしたら、デザイン性の高さや稀少性からかなり高価になってしまうものでもアメリカ価格で購入することができる。

【デメリット】
最終的に個人輸入で支払う総額は商品価格 + 送料 + 関税 + 消費税です。

・配送料がかかる
 これは最も懸念事項でした。目安としては先週リビングに一部だけカーペットを敷きたいと思い、購入したのですが(275cm×182cm、14kg)、大体送料は航空便で3,700円でした。これを高いととるか安いととるかは人それぞれですが、代用がきかないくらい気に入っているのであれば検討の余地はあるかもしれません。
(2017/4/24追記)
多くの場合オンラインで1回でオーダーしても保管倉庫が別々の場所だったり、大きさや重さが違う等で数回に分けて配送されます。その際の配送料は別々に配送されても一括購入で決済した時に確定した金額になります。(当たり前の話ですが、いざその時になると一瞬不安になるものです。何しろ日本の感覚からすると何が起こるか予測すら不可能なアメリカのサービスなので(^_^;))
例えばAとBという商品を一緒に購入して、配送料は2つで7,000円でした。けれどAだけが先に届き、配送料は5,000円でした。Bが届くときまた同じ配送料を払わなければいけないのかと心配になりますが、その心配はなく配送料はその残りの2,000円ということです。

・関税がかかる
関税の計算方法は商品総額 x 軽減税率 (2017年現在60%)x 関税率です。
商品総額の60%に対して関税率がかかり、関税率は商品によって異なります。目安としてこちらをご確認ください。
関税は自動的にオンラインショップで計算されて基本的に商品決済時に送料と一緒に徴収されることが多いです。
(2017/4/24追記)
先に記載のカーペットは商品単価が日本円換算で41,195円だったので関税および税金は4,772円でした。

・サイズに要注意
ご存知のとおりアメリカと日本の単位表記は異なるので、日本表記に換算してから購入しないと、到着してビックリということになってしまいます。

アメリカでの買物が忘れられない!という方は是非試されてみてください。買わなかったとしてもホームページを見ているだけでも楽しいので、覗いてみてくださいね。

拙宅は住人たちは言うまででもないですが、室内までもがアメリカかぶれしてきました(^_^;)

# by kanagourmet | 2017-04-19 23:36 | 趣味・自己啓発 | Comments(2)

いきなり婚におけるSVR理論

d0235123_08214255.jpg
もう完全に自分とは無関係なのに、結婚してから私は何故だか第三者的に恋愛を読み解くのが好きになってきました(何故だろう?)。本やコラムを読んで自分の経験と照らし合わせながら恋愛や婚活を考えることをよくしています。旦那には恋愛カウンセラーになれと言われています(笑)。

そんな中でとても興味深い恋愛心理学の理論を見つけました。それは1977年にアメリカの心理学者マーンスタインが提唱した「SVR理論」というものです。
婚活の時意識をしないでも実践していたことだと思い、これを読んでいる方々もご自身の経験に当てはめてみるとご納得いただけると思います。

これは結婚に至る男女の心理的変化とプロセスを3段階で表した理論なのですが、SはStimulusで相手の外見的魅力や履歴書に書かれているようなスペック的魅力、VはValueで共通価値観を見出すこと、RはRoleでお互いで役割を見出し分担して行動することで、例えば1人がリードをすればもう1人は従う等の相補的な関係の形成です。出会ってSを感じて、関係を深めていく中でVを認識し、Rを創りだすといったように、SからVを経由してRに行き着くといった順序を持っています。

恋が上手く続かないとか交際相手は出来るけれど結婚に結びつかないというのは、出会ってSは感じられるもののVとRの部分でハードルがあるものと思います。
男女の出会いにはある程度のSが必要になります。やはり何かこれ!と思えるものがないと(例えばときめきなど)、会いたいというモチベーションもなくなってしまいます。ただそれは時が経つにつれ低減していきますので、その時にVやRが重要になっていくということです。

この3段階は時間をかけて徐々に形成される場合もあれば、出会ってすぐに3段階まで完成してしまい、結婚に至る場合もあります。逆に言えばこの3要素がしっかりと出来ていれば時間は関係ないのかもしれません。
d0235123_08213915.jpg
この理論を私たちのいきなり婚に当てはめてみました。
まず、お見合いで知り合った時に私は旦那を見て「何この人!」って思いました。昨年10月当時サーフィンでガン黒&ワイルド系だったのでお見合い写真と別人だったのです。そしてお見合いの最後に握手をした時「この人となら分かり合えるかも知れない」という直感的な感覚が私にとってSです。人によってケースはまちまちで、合コンであれば話した感じの雰囲気とかノリ、外見などになると思います。

そして私はVは今までもこのブログで書いてきたように最低限一致していればいいと思います。細かいところまでこだわることにより、どんどん可能性を自分で狭めてしまうからです。「幸せな家庭を築きたいと考えている」ということが一致していて「借金&ギャンブル、無職、女癖」がないことという基本三原則が確認できればいいと思っています。あとはすり合わせだと思います。
私たちの場合はSがあまりにも強烈だったので、Vはこの三原則が確認出来て、お互いを幸せにしたいという覚悟ができたことでした。Vはこれから2人で創り出すものでもあるので、ポテンシャルを感じられればいいのだと思います。

Rは最も大事なところだと思います。
結婚は毎日がハッピーの連続でラブラブで楽しいことの連続なんておとぎの国の夢物語ではありません。二人で協力して生活を回していくことなので、いかに役割分担をして協力していくかということが大事になります。
私たちの場合は初回のお見合いでプロフィールを基にお互いの情報収集を行い、両親に挨拶に行ったくらいから具体的にこの話を始めました。基本は旦那が大黒柱となり家計を支え、私も働きますが、家事と忙しい旦那の日常のサポートも行うということに決まりました。
婚活では相手が自分に何をしてくれるかということに目が行きがちですが、最も大事なのは相手に自分が何ができるかということとそれによって相手が幸せになれるのかということだと思います。
そしてRの細かい部分については今でも試行錯誤しながら作っていっている途中です。

そしてSVR理論の各段階で共通して大事になるのは自己開示です。自分を表現してSを、VとRは発展してく中で適切な自己開示によって関係が深まるのだと思いました。

私は今までの恋愛を振り返ってみてSVR理論を当てはめてみたら、ほとんどがSのみで私からの一方通行で2人で自己開示が必要なVとRはほとんど築けていなかったことに気がつきました。
SVR理論に恋愛経験を当てはめてみると、いろいろな気づきがあるかもしれません。

さて最近はすっかり春めいてきたので、昨日は旦那と皇居にサイクリングしに出かけました。旦那は忙しくてお休みできる日が月に3日ほどしかない(それ以外の休日は自宅でずっと仕事しています)中の貴重な日だったので、旦那を連れ出してみました(^_^)
d0235123_10425240.png
夕方に新宿から四谷に行って、皇居一周して帰りは四谷の中華料理屋でディナーして、1週間の食材の買い物もして帰ってきました。
久しぶりの中華はエビチリが特に美味しくて、あのお店はリピーターになってしまいそうです♪ゆっくり2人で自転車をこいで話したりしながらサイクリングするのがとても楽しかったです。桜もまだ咲いていました!
なんて、どうってことのない当たり前の休日の過ごし方で、特に何かたくさんおしゃべりしたわけでもなくただ一緒にいただけですが、何故か心まで満たされる時間でした。

最近は会社の帰りに趣味でテーブルコーディネイトの教室にも通い始めました。色のコーディネイトの勉強をして、フラワーアレンジメントやセンターピースとのバランスを考えて1つの食卓を作るのが創造力を掻き立てられます。
時々趣味で通ってみようと思います。
私が超基礎クラスで作ったはじめての作品(とは名ばかりですが・・・)。
d0235123_11104420.jpg
春らしい週末、皆様も楽しくお過ごしください!

# by kanagourmet | 2017-04-16 11:22 | 婚活 | Comments(0)

7年後の真実

d0235123_20474156.jpg
今日ふと思い出したのですが、ニューヨークに上陸してからちょうど7年でした。
月日が経つのは本当に早いと2010年4月に撮影した写真を眺めながらしみじみと思いました。

あの時私は念願の海外勤務が決まって、夢と希望にいっぱいでした(^_^;)恥d0235123_21412704.jpg
そんな時もあったなと、この7年間を振り返って自分が希望していた通りになったこととそうでなかったことを振り返っていました。
言うまでもないことだけれど、前者より後者のほうが圧倒的に多いわけで、私は自分が要領が悪くてさらに人に勘違いされやすいタイプであることが災いして、しなくてもいい苦労までしてしまったなと思うこともありました。
先日ブログの読者さんから「このブログを読んでいて自分と重ね合わせて涙が出てきました」なんてコメントをもらったとき、我ながらそんなこともあったか・・・と過去の出来事を振り返りました。
3年半にわたるニューヨーク生活を終えるとき私が思ったことは、「やっぱり海外に数年いただけでは、頑張ってもその土地に馴染むのはかなり難しいわ、私はやっぱり純日本人だし!ニューヨークでの経験は人生の中で『ひと夏の経験』としておこう」ということでした。

d0235123_21414714.jpgれど日本に帰国して思ったことは、自分が周りから超浮いているということでした。
国内営業の仕事に配属されたということもありましたが、「ニューヨーカー」とか「映画のSex and the Cityの世界から来た人」みたいに思われてしまい、自分もどうしていいかわからなくて人生迷子になってしまいました。
よく夜や週末にニューヨーク時代の友達に会って、この浦島太郎状態をどうしたらいいかと皆で話し合ったものです(^_^;)
帰国子女とか大学がアメリカだったという人はこういう状態に慣れているかと思いますが、20代で初めて一人で海外に出た人は、現地に慣れるのも大変な上、日本に帰国してからも周りとの同調に時間がかかってしまう傾向にあると思いました。
私の周りの友達の90%以上浦島太郎状態を実感していたと思います。

解決策は人それぞれで、帰国してすぐに日本企業に勤務していた人は外資系企業や超スタートアップに転職したり、これをきっかけに起業したりする人もいたし、また社内でチャンスを掴んで他国に駐在する人もいました。大体知り合いの70%くらいの人がこれらの選択をしていたと思います。

「喉元をすぎれば熱さを忘れる」とよく言われますが、私の場合は喉に大きな激熱のたこ焼きが引っかかって中々取り出せないような状況が長引きました。d0235123_21544365.jpg
早く日本に馴染みたいと真剣に思いつつも思うように行かなくて、そんな出来事が積もり積もって私が2016年にメンタルになってしまったのは必然の結果だったと今では思います。(メンタルになった直接的な理由は他にあるのですが)
そしてさらに独身で帰国した妙齢女性に対しても、日本社会の厳しい目のようなものがあるように感じました。エイジレスな街で生きてしまったツケが回ってきたと言えばそれまでですが、仕事をしに数年間日本を離れて帰国したら「イタイ人」みたいな見方もあるんだと思いました。

時々コメントでいただくのですが、どうやって私は帰国後の浦島太郎状態を克服したのかということなのですが、それは「生涯浦島太郎であることを受け入れた」ということになります。
帰国後に多くの出来事を通して実感したことはこういった基本的な日本人の言動から外れている部分は自分の個性としてプライベートで(もちろんこのブログでも(^_^))発揮しようと思いました。直そうと思ってもニューヨークで受けた刺激というのは自分の人生にとって有益すぎるほどのものだったので、それを渡航前の自分に戻すことは不可能です。
そのためそういった個性を発揮できる場所を見つけて、アメリカンスイッチオンの時とオフの時をきっちり分けようと思いました。(これは当たり前のことなのですが、本当の意味で実行することは結構ハードルが高いです!)
d0235123_21565156.jpg
先日は私がニューヨークで働いていた会社でお祝いごとがあったので、久し振りに宴席でお世話になった皆さんにお会いできる機会がありました。懐かしい面々ばかりで、色々な思い出が浮かんできて、2時間の集まりがあっと言う間でした(^_^)おめでとうございます&とても嬉しかったです♪
さらに今は私が既婚となりなかなかニューヨークの友人たちとも夜遅くまで遊んでいられる状況にはないのですが、久し振りにみんなと銀座で再会できる機会もあり、近況報告&恋バナ会(今の私にとっては死語。笑)に参加しました♥

最近「帰国後の人生の波」というのを感じます。帰国後すぐに転職や起業等で人生のハンドルを切る人が多いのですが、それと同じくらいの人数で3年後にまた転機が訪れ人生が変わるということです。数人の友達が長年勤めていた会社を帰国後3年ほどで辞めたり、結婚、転勤等々で動きがありました。
銀座から帰路につくまで、帰国してからの迷走人生を思い出し、私はやっと長いトンネルを抜けられたと思いました。
d0235123_22122227.jpg


# by kanagourmet | 2017-04-02 22:17 | Comments(2)

「マギーズ・プラン」夫、「返品計画」の感想

※この記事は映画のネタバレをしています。


交際0日婚は良いようで悪い、悪いようで良いものだと思います。


先日の週末の午後、またいつものように掃除方法をめぐって旦那と痴話喧嘩をして私が瞬間湯沸かし器になりそうだったので、買い物に行くと口実を作って1人で自転車で奥渋(渋谷と代々木上原の間のあたり)まで行きました。週末は2人でいつも一緒にいるのですが、こういう時は数時間でも離れた方が得策です。

ここは独身時代の色々な思い出が詰まった場所です。レストランから雑貨、グローサリーまで、オーナーの個性が光るおしゃれなお店が軒を連ねています。

d0235123_23452463.jpg
d0235123_23452820.jpg

d0235123_01422511.jpg

特にこの場所で好きなのがUPLINKという30人くらいしか入ることが出来ない極小シアターなのです


ここで全国放映されていない、キラリと光るマニアックな逸品映画をこじんまりと1人で観るのが私の独身時代の密かな趣味でした。


この日観たのは今の自分にピッタリの作品「マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ」。

夫の「返品計画」を企てた女性の話というのだから笑ってしまいますよね(^_^)

d0235123_01372692.jpg

ニューヨークのダウンタウンを舞台に夫と妻、そして前妻の三角関係を描いた作品です。

一見ドロドロしがちなこのテーマは、ダメダメなんだけどどこか憎めない登場人物たちと美しいニューヨークの冬の描写が背景となり、とても軽やかに描かれていました。

d0235123_01291643.jpg

マギーはニューヨークの大学で美術を教えるアラフォーの講師です。今まで恋人と半年以上続いたことがないという恋愛音痴であるが故、自分には結婚が合わないと諦めています。でもどうしても子供は欲しかったので、大学時代からの男友達である数学者のガイに協力を仰ぎ、試行錯誤して人工的に授かる術を試しています。

そんな時、勤務先の大学で文化人類学者のジョンと知り合います。彼は大学で教える傍ら小説家を目指しており、意気投合したマギーが彼の作品を読んで感想を言い合うことで2人は一気に急接近し、恋が始まります。

ただこの彼は既婚者だったのです。

ジョンはコロンビア大学で学部長を務める超キャリアウーマンの妻ジョーゼットとの関係がうまく行っておらず、子供たちの世話から日常の家事までを1人でこなす主夫の生活に嫌気がさしています。

そこで離婚を決意し、晴れてマギーとジョンは夫婦となるのです。


d0235123_01370909.jpg3年後にお話は移ります。マギーは結婚後すぐに出来た子供と、仕事を辞め小説家を夢見る夫と3人で生活をしていますが、「何かが違う」ということを感じ始めます。家事もこなしながら一家の主として家計を支えるために働き、マギーはとても忙しい毎日を過ごしています。夫は小説を書いてはいるものの空回りしていて、ヒモ夫なわけです。

毎日深刻な喧嘩が絶えず、マギーは「この結婚は失敗だった」と気が付くのです。

そんな中前妻ジョーゼットと夫の間の子供2人の世話を通して前妻とマギーの間に友情が生まれます。マギーはジョーゼットは単なる非常で冷徹なキャリアウーマンではなく本当は夫のことを今でも愛している心優しい人なのだと気が付きます。そして夫も友人として前妻と付き合っていますが、まだ心の底では前妻のことが忘れられていないのだと感じます。

それで思いついたのが前妻に夫を「返品する」計画です。d0235123_01372988.jpg

前妻に計画を打ち明けたところ「調子がいい」と激怒されるのですが、自分の気持ちに正直になり計画に賛成することにします。

そしてマギーは前妻と夫が鉢合わせして、2人が昔を思い出せるような環境を作る計画を練り、実行に移します。

「返品計画」は成功し、夫はマギーに前妻と元に戻りたいと告白します。

物語最後の場面が印象的で、意外な結末で物語は終了します。


マギーはこうしてシングルマザーとなり、結婚と離婚を通して運命は全て受け入れることを誓うことを考えながら娘とブルックリンのプロスペクトパークでアイススケートをしています。

その時ふと気が付くのですが、幼い娘がやたらと数字を覚えるのが得意なのです。

もしかしてそれって・・・!?運命は違う方向に向いていた!と思ったときに、数年前人工的にシングルマザーになる計画に理解して提供してくれた男友達の数学者ガイが前に現れて、事実に気が付くという大波乱の展開で映画は終了します。


d0235123_01373207.jpgこの映画を一言で表すと、「大人になりきれない大人たちの茶番劇」です。大人たちの気まぐれに付き合わされる子供たちの気持ちはどうなるの!?と言いたいところですが、それは映画の主題ではないので、ほとんど描かれていません。

「みんな、しっかりしてよ」と言いたくなる内容かもしれませんが、それは脚本家の腕が成せる技なのでしょうか、不思議とマギーやジョンに親しみを持ってしまいます。人生に空回りしているどこか憎めないキャラクターなのだと思います


男性との交際が半年以上続いたことがないから、結婚は諦めてシングルマザーになりたいというマギーの考えは非常に勇気がいることです。私も婚活難民だった頃、何度も自分の結婚を諦めましたが、結婚を通り越して子育てをするなんて私には考えも及びませんでした。日本ではあまりまだ浸透していないことなのかもしれませんね。

また前妻との子供を現在の妻が前妻と協力しながら面倒を見るということも日本ではあまりないのではないかと思います。


しかしながらニューヨークは断然東京よりも離婚率が高く、男女ともにマインドが非常に独立しているため、邪念などはなしにしてステップファミリーの関係を楽しんでいる人たちもいました。

d0235123_01290878.jpg

以前、ホームパーティーで知り合ったアメリカ人女性はまさにマギーと同じ状態だったのですが、「子供たちを夫婦2人で見るよりステップファミリーとしてそれぞれの再婚相手も含めて4人で見たほうが人数が多いし、意見も偏らなくていい」と言っていたのにはとても驚きました!発想の転換とはまさにこのことだと思いました。


所変われば家族観も変わるものですね。「こうあるべき」論を押し付けあうのではなく、お互いが心地よいと感じる関係性を作っていくことが大事なのだと思いました。


この映画の公開はまもなく終了しますが、20177月頃にDVDレンタルが開始されるそうです。


映画鑑賞後は夕食の食材を買い帰宅すると、うちにも大人になりきれない大人がいました(私も同じくなりきれていないのですが。笑)

最近コラムを読んでいてハッとしたことがあったのですが、以下の作家柴門ふみさんのお言葉に妙に納得してしまいました。


d0235123_01590881.jpg

<夫という人物は、冷蔵庫に残された食品材料であります。つまり、こちらの腕次第で、おいしくも不味くもなるのです。

欠点が目につき、どうしようもなく駄目な材料に思えても、手を加え調味料で味付けすれば立派な一品料理になります。>

<限られたものの中で工夫して、そしてより高いものを目指していく――これが結婚生活の技術ではないでしょうか。>


既に購入した食品(=夫)の特性を変えたり返品はできないので、それが持ちうる最大限の美味しさを引き出せるように料理(=家庭生活を送る上での技術を磨く)をするということが大事なのですね。

今朝の痴話喧嘩を思い出したのですが、小さいことにこだわりすぎないで旦那を引き立てないといけないと思いました。


間違っても私は旦那を「返品」したくはないので・・・(笑)


# by kanagourmet | 2017-03-31 02:06 | 趣味・自己啓発 | Comments(2)